<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

倶利伽羅合戦

[ 富山 ]
 

倶利伽羅合戦

 

寿永2(1183)5月、信濃の国で兵を挙げた木曽義仲と、それを迎え撃つため北上した平維盛が砺波山において倶利伽羅合戦を繰り広げました。

 

倶利伽羅合戦古戦場は「倶利伽羅県定公園」としてハイキングコースとドライブコースが整備されています。

私はドライブコース「源平ライン」を行きました。

 

まずは「巴塚・葵塚」

巴と葵は、ともに義仲の愛妾であり、武将でもありました。


巴は色白・美麗な女武将。
弓矢の達人で騎馬に乗り、一騎当千の活躍をしたといわれています。


 

葵は倶利伽羅合戦で討死したため、この地に葬られました。

 

後、巴は尼になって義仲の菩提を弔い、91歳の生涯を閉じたと伝わります。

福光城主の石黒光弘がこの地に巴葵寺を建立しましたが、後に焼失したと伝えられています。


 

そしていよいよ古戦場
「矢立」がありました。
このあたりは義仲軍の最前線です。

300m程の谷を隔てた「塔の橋」より平家軍が矢を放ち、ここに多くの矢が立ったと伝わります。


 

すぐ近くに「塔の橋」

平家軍の最前線「平行盛」がここに陣を構え、矢立山の今井兼平軍に向けて矢を放ちました。

 

 

「地獄谷」

夜半、義仲軍が合図の鬨の声をあげながら、数百頭の牛の角に松明をくくりつけた「火牛」を放って夜襲をかけたため、驚いた平家軍の人馬がなだれ落ちたという場所です。
後ろは深い谷になっています。


 

「義仲の陣跡」

この街道の北下に、木曽義仲本隊2万が陣を布き「笹りんどう」の旗印が閃いたとか。

さぞかし壮大な眺めだったでしょうね。


 

そして平家の本陣「猿ケ馬場」

平家の総大将・平維盛が本陣をおいた所です。


 

奥には軍議を開いたと伝わる「軍議石」


 

席まで分かるのですか〜


 

さらに奥には名前の由来となった伝説の猿を祀った「猿ケ堂」


 

本日のハイライト「火牛」です()



平家物語では7万騎が谷に落ちたとしていますが、実際は1万騎だったといわれています。
平家軍は冨士川に続いて、またしても惨敗したのです。

 

 

源平供養塔

源平両軍の兵士の霊を弔うため、昭和49年に建立されました。

 

 

源平供養塔の裏には、夜襲を受けて敗走したものの、翌朝手兵50騎を率いて逆襲したという勇猛果敢な武将・平為盛の塚があります。


平為盛は平頼盛の子供です。 

平家軍の中には、こんな勇猛な人もいたのですね



倶利伽羅峠をさらに行くと、名前の由来となった倶利伽羅不動寺があります。


 

日本三大不動のひとつ、倶利伽羅不動尊が祀られています。




 

そして山を降りて、国道8号線に・・

「くりからトンネル」がありました。


 

そして続いて「源平トンネル」!!


 

何て面白いトンネルなんでしょう!
これには思わず拍手喝采しました(笑)


          by merry


FC2ブログランキング参加中! 投票にご協力ください⇒FC2 Blog Rankingクリックお願いします。


2012.12.17 Monday 00:00 | comments(4) | - | 

木曽義仲〜埴生護国八幡宮

[ 富山 ]
 

 

木曽義仲の軌跡を追って富山県小矢部市にやって来ました。

 

まず訪ねたのは、倶利伽羅合戦を前にして木曽義仲が戦勝祈願をしたという埴生八幡宮(現埴生護国八幡宮)


 

境内には日本最大級の大きさを誇る「源義仲像」があります。


 

参道にある「鳩清水」

木曽義仲が祈願のおり、白鳩の案内で得たという「鳩清水」の滝を水源とする霊水です。


 

本殿


 

本殿横の宝物館には木曽義仲の祈願文が保存されているとの情報を得たので、前もって電話でお願いして見せて頂きました。
写真撮影OKでした(^^)v

 

木曽義仲公 祈願の図

木曽義仲が埴生に布陣した時、近くの埴生八幡宮に戦勝祈願をするため書記の最乗坊覚明を召して願文をしたためました。


 

これがその願文です。墨がすっかり消えています(T_T)


 

横には、江戸時代の写しがありました(^^


 

そして現代文の翻訳もありました(^^)v

 

義仲公は、書かれた願文に上矢(うわや)の鏑を添えて八幡宮に奉納したといいます。

奉納された鏑矢
う〜〜ん、これも残っているのですね〜

 

 

 

 

 

他にも武田信玄の書状、豊臣秀吉の兜なども展示されていて、なかなか見応えのある宝物館でした。

そうそう、豊臣秀頼が8歳の時に書いたという書もありました。


 

神社の外には「義仲 軍勢を進めし道」の石標。


義仲公は、倶利伽羅峠に向かって、この道を進軍して行ったのですね。

 

私もこれから、倶利伽羅峠に向かいます。
Go! Go!

  
       by merry


FC2ブログランキング参加中! 投票にご協力ください⇒FC2 Blog Rankingクリックお願いします。





2012.12.16 Sunday 00:00 | comments(6) | - | 

俊寛が流されたのは富山県?

[ 富山 ]
 

 

倶利伽羅古戦場を調べるため、富山県小矢部市観光協会からパンフレットを送ってもらいました。

それを読んでいると、な・な・何と・・・
パンフレットに「俊寛杉」「平康頼ゆかりの観音滝」などと書かれた写真が載っているではありませんか。

 

「宮島の大杉」・・久利須に流刑された俊寛が、観音滝にうたれながら、都に帰れるように祈って杉箸をさしたものが大杉となったと伝えられる。別名俊寛杉

「観音滝」・・熊野権現を信仰した平康頼がこの観音を祀り那智滝になぞらえてこの滝で修行し流罪赦免を祈祷したと伝えられる

え〜っ?俊寛が流されたのは富山県?

 

そこで行ってきました。小矢部市にある県定公園「稲葉山宮島峡」です。

一の滝


 

竜宮淵の人魚姫

 

三の滝


 

他にもたくさんの滝があり、ちょう訪れたのが夏だったので、とても癒されました。

 

さて目的の俊寛杉は、一の滝の近くにあります。

瀧之社


 

案内板

 

<前略>宮島の大杉は別名「俊寛杉」とも呼ばれ、平安の昔、平家討伐を企てたとして京から鬼界ケ島(薩摩国)に流刑になったとされる僧俊寛が、実はこの宮島の地に流されており、その罪を許されて都に帰れるように祈って杉箸をさしたものが根を張り、大杉になったと伝えられています

 

これが「宮島の大杉(俊寛杉)」です。


 

そして奥には観音滝がありました。

滝の落差は10m。まわりの景色と相まってなかなか厳粛な雰囲気を漂わせています。

 

案内板によると、平康頼が観音像を祀り、流罪放免を祈願してこの滝で修行したそうです。

観音像をズームアップしてみます。

 

現在滝の中にある観音像は、昭和56(1981)に建立されたものです。

 

平康頼の守り本尊であった観音像は、大杉の横の観音堂に祀られているそうです。

 

 

・・・・・
ここに来るまでは半信半疑だったのですが、この場に立って聞こえる滝の音、神秘さ、厳粛さ・・

もしかして俊寛たちは、本当にここに住んでいたのでは???

 

だんだんそんな気になってきました。


         by merry

FC2ブログランキング参加中! 投票にご協力ください⇒FC2 Blog Rankingクリックお願いします。
2012.11.02 Friday 13:21 | comments(7) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |