大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
龍馬・おりょうさんの新婚旅行 霧島神宮

JUGEMテーマ:大河ドラマ

9月2日大河「糸の誓い」の紀行で龍馬がおりょうとの新婚旅行で行った霧島神宮が紹介されていました。

霧島神宮の創建は6世紀ころで、現在の社殿は、1715年島津氏によって再建されたものです。

 

霧島神宮本殿


 
霧島神宮内にある龍馬・おりょう新婚旅行記念パネル

 
今から152年前に龍馬が妻:おりょうさんとこの神宮を尋ねたと姉乙女への手紙に書かれています。この88日間の旅が日本最初の新婚旅行と言われています。

 
龍馬もおりょうさんも見た樹齢800年の御神木、南九州の杉の先祖と言われています。

 

 
| 鹿児島 | 00:01 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
龍馬とお龍さんが遊んだ「犬飼の滝」

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

龍馬は大変筆まめな人で、新婚旅行中にも乙女姉さんに宛てて手紙を送っています。

その中に「蔭見の滝其の布は十間も落ちて、中程には少しでもさわりなし。この世の外かと思われ候ほどのめずらしき所なり」とあります。

 

この「蔭見の滝」とは、「犬飼の滝」の事です。

132_3258.JPG

 

龍馬たちは塩浸温泉に滞在中、何度もここを訪れたようです。

 

瀧見台から見た「犬飼の滝」

 

滝つぼまで遊歩道があるので、近くまで降りて行きました。

 

 

高さ36m 滝幅21.8m 近くで見ると、すごい迫力です。

 

龍馬の手紙は続きます。

「此処に十日計も止まりあそび、谷川の流れにて魚をつり、短筒をもちて鳥をうちなど、まことにおもしろかりし」

 

 

滝や川の流れを見ていると、龍馬とお龍さんが楽しく遊ぶ姿が目に浮かびます。

幕末の動乱を生きた龍馬の短い生涯の中で、一番楽しいひと時だったのでしょうね。

 




 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

| 鹿児島 | 10:33 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
龍馬とお龍さんが滞在した「塩浸温泉」

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

京都 寺田屋で襲撃された龍馬は、薩摩藩邸に匿われ、九死に一生を得ました。

そして左手に負った傷の治療のため、お龍さんを伴って、西郷隆盛らと共に鹿児島に向かいました。

この二人の旅が、日本で最初の新婚旅行と言われています。

 

 

鹿児島と言えば、温泉天国。

その中でも、龍馬たちが一番長く逗留したのが霧島市にある「塩浸温泉」です。

「塩浸」とは、まさに刀傷に薬効がありそうな名前ですね。

 

坂本龍馬・お龍 新婚湯治碑

 

 

公園前の石坂川の河川敷に、龍馬が入ったと伝わる湯船が残っています。

 

 

ズームアップすると・・・

実はこの写真を撮ったのは8年前、龍馬公園が出来てすぐの事でした。

今はもっと綺麗に整備されているようです(*^。^*)

 

 

132_3281.JPG132_3281.JPG

公園には「龍馬資料館」や「日帰り温泉施設」そして「足湯」などがあります。

足湯は無料。もちろん入りましたよ(^^♪

ぬるめのお湯が疲れた足を癒してくれました。

 

 

龍馬たちは、ここに滞在しながら、犬飼の滝に度々出かけていたようです。

その記事は次回に。

 

 

 

 


 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

| 鹿児島 | 00:00 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
西郷南洲翁宅地跡

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 


鹿児島中央駅から「ナポリ通り」を東に向かいます。

 

 

ナポリ通りとは、鹿児島市と姉妹都市であるナポリから名付けられたそうです。



4月初旬、通りに植えられたツツジが綺麗に咲いていました。

この通りを約200ほど歩いたところに共研公園があります。

 





この公園の入り口あたりが、西郷一家が安政2年(1855)から明治2年(1869)まで暮らした西郷南洲翁宅地です。



西郷隆盛は、下鍛冶屋町(現在の加治屋町)の下級藩士の屋敷に生まれ、青年期までを過ごしました。

安政2年(1855)12月、加治屋町の屋敷を売却し、この上之園町の屋敷に移ってきます。

明治2年(1869)7月、武家屋敷に移るまでここで十数年過ごしました。



by しずか

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

| 鹿児島 | 07:54 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
薩英戦争の砲台跡 「祇園之洲砲台」

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

さらに石橋記念公園の奥に進んでいくと

 



薩英戦争の砲台跡があります。

 





ここは祇園之洲という稲荷川の河口に川浚いの土砂を集めてできた州で、で、砲台は祇園之洲砲台と呼ばれていました。

文久3(1863)年の薩英戦争の際には6門の砲が配備されていました。



世界の実力を知った薩英砲撃戦の遺跡

祇園之洲という名称は、稲荷川河口のお祇園社(八坂神社)に由来します。
五社のひとつとして歴代藩主の信仰が厚く、京都祇園社にならった祇園祭りは、
今もなお華やかな御神幸行列を伝えています。
 このあたり一帯は昔、遠干潟で祇園浜と呼ばれていましたが、
島津家27代斉興のもとで藩政改革を断行した調所広郷が、兵士の屯集所として埋め立てました。
 その後、斉彬がここに砲台を設置し、薩英戦争で初めて実戦に供されたのです。
正午に始まった砲撃戦は、3時間を経過し双方に相当の被害が出ていました。最後尾で祇園之洲砲台を攻撃していたレースホース号が、目の前で浅瀬に乗り上げたのはその時です。ところがすでに砲台は、イギリスの誇るアームストロング砲で打ち砕かれ、藩士たちは指をくわえて敵艦が救出されるのを見送ったのです。
 イギリス側の死傷者63名、薩摩側は死傷者13名でしたが、城下の被害はすさまじく西洋との力の差を知った薩摩藩は、この戦いを契機に開国へと動き始めました。



石橋記念公園には薩英戦争の記念碑も建っています。

 






 

by しずか

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

| 鹿児島 | 01:28 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
篤姫も渡った西田橋

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

鹿児島市の中心を流れる甲突川には、玉江橋、新上橋、西田橋、高麗橋、武之橋の5つのアーチ石橋が架けられており、「甲突川の五石橋」として県民に親しまれてきました。

江戸末期、肥後(熊本県)から招かれた名石工「岩永三五郎」指導のもと建造され、創建以来 150年余の間、現役の橋として利用されてきました。

その五石橋の中でも「西田橋」は、城下の表玄関として豪華に建造され、篤姫のお輿入れの際、渡ったといわれます。

 



しかし、平成5年(1993年)8月6日の集中豪雨により、2橋が流失してしまい、県が西田橋を、鹿児島市が高麗橋と玉江橋を行い、あわせて平成12年に五石橋の歴史や技術等を伝える石橋記念公園として開園しました。(鹿児島県観光サイト)

 



ここから桜島も見えます。


江戸時代、西田橋は鶴丸城から九州街道へ至る島津家参勤交代の道筋にあり、城下への玄関口の役割を果たしていました。

 





西田橋を渡ります。

 



正面に西田橋御門が見えてきます。

 



御門は西南戦争で焼失してしまい、現在の建物は当時の資料や仙巌園の門などを参考に復元されたものです。

 

 

by しずか

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

| 鹿児島 | 00:00 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP
薩英戦争本陣跡

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

鹿児島市常盤町に残る薩英戦争本陣跡

IMG_9656 薩英戦争本陣跡

薩英戦争時、海に近い鹿児島城がイギリス軍の大砲の射程圏内となるため、海から離れた千眼寺(せんげんじ)に本陣に置かれ、島津久光忠義親子がここから藩士たちの指揮を執りました。

千眼寺は黄檗宗の寺で、文化2年(1805)、島津重豪が荒田村から現在地に移築したといわれています。

明治2年(1869)廃仏毀釈によって寺は壊され、現在は民家となっています。
遺構はほぼ残っておらず、庭に井戸や智福和尚の石像が残っているそうですが、敷地内の見学はできません。

家の前には、石碑と案内板が立てられています。

IMG_9657 薩英戦争本陣跡

IMG_9658 薩英戦争本陣跡

IMG_9659 薩英戦争本陣跡

(鹿児島県観光サイト参照)

by しずか

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

| 鹿児島 | 07:08 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
イギリス艦、鹿児島湾に現る!

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

鹿児島市西千石町の交差点に、大山巌西郷従道山本権兵衛の走る姿を描いた像がありました。

 





イギリス艦、鹿児島湾に現る



イギリス人に死傷者を出した生麦事件を解決するため、翌、文久3(1863)年、イギリスは薩摩に7隻の艦隊を派遣した。いわゆる薩英戦争である。イギリス艦隊入港の知らせを聞いて、大山巌、西郷従道、山本権兵衛も港へ急いだ。

 

 

by しずか

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

| 鹿児島 | 07:00 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
伊地知正治、吉井友実の像(鹿児島)

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

中央公園には、西郷隆盛から信頼され、造士館教師を務めていた伊地知正治、西郷や大久保らと幼少期からの親友で、精忠組(誠忠組)の中心人物のひとりであった吉井友実の像があります。

 







幕府と改革派との覇権争いの中、安政7(1860)年に起きた桜田門外の変で井伊大老は暗殺され、幕府は勢力を弱めていった。
ここ薩摩の伊地知正治、吉井友実、大久保利通ら精忠組(誠忠組)の間でも、この政変をめぐって様々な議論を重ねていた。
(案内板より)

 

by しずか

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

| 鹿児島 | 09:43 | comments(1) | - |- pookmark↑PAGE TOP
天文館跡の碑

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

島津家第25代当主・島津重豪が、天文観測や研究のため、安永8(1779)年に明時館を建て、4メートル四方の観測台を築きました。

 






明時館は天文館ともいわれ、現在の天文館通りの名もここからきています。

 



藩内の暦はすべてこの明時館から配布され、薩摩暦とか鹿児島暦と言われ、このあたりは、当時、石垣をめぐらした武家屋敷があり、迎賓館にあたる御舂屋、花岡屋敷、日置屋敷などがあったそうです。

 





今では天文館通りは、鹿児島一の繁華街となっています。

 



天文館のアーケードは、アーチ型、片屋根型を合わせて約2kmにも及んでいます。

これは、桜島の降灰対策や、夏の強い日差しを避けるためなのだとか。

by しずか

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

| 鹿児島 | 00:00 | comments(0) | - |- pookmark↑PAGE TOP