<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

太田家住宅(鞆の浦)

[ 広島 ]
JUGEMテーマ:大河ドラマ

太田家住宅は、元は福山藩の御用名酒屋を務めた保命酒の蔵元「中村家」の屋敷で、明治時代に太田家の所有となりました。瀬戸内海を代表する往時の商家の佇まいを今に伝える、歴史的価値のある建造物で、1991年に国の重要文化財指定を受けました。
建物は、主屋や保命酒醸造蔵など9棟からなり、見事に保存されています。
これらの建物群は江戸時代中期から後期にかけて「旧保命酒屋」中村家が拡張・増築していったものですが、明治に入って廻船業を営んでいた太田家に継承されています。
1655(明暦元)年に大阪から鞆に移り住んだ中村吉兵衛は、1659(万治2)年に漢方薬酒・「十六味地黄保命酒」の製造・販売を始めました。
「保命酒屋」(旧中村家)として、江戸時代の間は醸造販売権を独占し、隆盛を極めました。

1863年8月23日、都落ちした尊王攘夷派の公卿・三条実美ら7人が、長州に下る途中、鞆の浦に寄港し、この太田家住宅(旧保命酒屋)の主屋と朝宗亭を宿泊所としました。









中に入ると、案内の方が建物について説明をしてくれ、最後に三条実美が宿泊した部屋に案内されます。

本来は、館内の撮影はNGなのですが、
今回の旅の目的がまさにこの部屋を見るためだったこと、また各地の七卿落ちの史跡を訪ねてきたことを話すと、
特別に数枚のみ部屋の写真撮影の許可をいただきました。

三条実美らが宿泊した部屋










 公卿らは保命酒に陶酔し、その美酒を褒め称える歌を残しています。

世にならす 鞆の港の竹の葉を かくて誉むるも めづらしの世や

 三条実美の歌で、保命酒を”竹の葉”と表現しています。激動の時代にあって、世に名高い保命酒を、ゆったりと味わえるこの時を、特別な思いで詠んだものと思われます。
 尊王攘夷を唱える三条実美ら七卿は、1863(文久3)年8月18日の政変後、公武合体派によって長州藩とともに京都を追われ、8月22日午後4時頃、兵庫の港から長州に向けて出航します。実美の総督船を1番船とし、三条西季知(さんじょうにしすえとも)、壬生基修(みぶもとのぶ)、四条隆謌(しじょうたかうた)、錦小路頼徳(にしきこうじよりのり)の2番船、東久世通禧(ひがしくせみちとみ)、沢宣嘉(さわのぶよし)の3番船など20数隻、総勢4百余人の大船団でした。
 鞆ノ津には、23日午後8時頃錨をおろしました。「土方久元講話」には、「下船し上陸、すぐさま出航するよう催促するが、折から風雨穏やかならず、船頭どもは容易に承知しない。血気の士はやにわ刀を抜き船頭どもを脅迫した」とあり、その結果「同夜半、強風をおして出航した」と記されています。幕末の緊迫した空気が伝わってくるようです。その後、沢宣嘉は生野の変に加わり、錦小路頼徳は病死します。
 五卿が再び鞆ノ津に立ち寄ったのは、京へ上る途中の翌1864(元治元)年7月18日でした。19日と20日には保命酒屋中村家(現大田家住宅)で憩い、20日の午後多度津へ向けて出航しました。実美らの保命酒賛歌は、この時詠まれたものと思われます。 ところが、21日に多度津へ入港するや、7月19日の蛤御門の変の悲報に接し、22日早朝に鞆ノ津へ集結、再度長州へ下ることになります。
こうした歴史的経過により、1940(昭和15)年2月23日に広島県史跡に指定されました。

by shizuka



お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m
 
2015.10.21 Wednesday 11:24 | comments(7) | - | 

毛利家の城:広島城

[ 広島 ]
JUGEMテーマ:大河ドラマ

萩城に入る前の毛利家の居城は、広島城でした。

1589(天正17)年、毛利輝元は、太田川河口に平城をつくりました。しかし、関ヶ原の戦いで西軍についたため、この城を明け渡し、120万石から29万石に減らされ萩にうつりました。そのあとに、広島城には、1600(慶長5)年、勝者側の福島正則が、芸備49万石を領して、翌年に入城しました。

広島城天守閣
天守閣

毛利元就(もとなり)の孫:輝元は1588(天正16)年に秀吉の案内で大阪城の天守閣に登り、城下町:大阪の繁栄を見て、輝元の居城:吉田郡山城に代わる新城の建設を痛感して、この城を築きました。

二の丸門
二の丸門

二の丸



毛利元就が子供に送った手紙:三子教訓状
「元就の三矢の教え」の思想がこの、息子達に送った手紙の中に書かれています。

晩年の元就が死の間際に、隆元・元春・隆景の3人を枕許に呼び出し、「1本の矢では簡単に折れるが、3本纏めると容易に折れないので、3人共々がよく結束して毛利家を守って欲しい」と告げた。
上が元就の自筆の手紙で下がその口語文です。
三子教訓状


広島城のすぐ南に、原爆ドームがあります。
ドーム

原爆公園



縮景園(しゅくけいえん) 広島藩主の別邸の庭園
1620(元和6)年に家老で茶人の上田宗箇(そうこ)により作庭されました。
縮景園
広島城から東へ約500mのところにあります。
縮景園入口


広島城の地図は こちらから

 
ダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤ


お城・史跡 ブログランキングへ

スペードハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペード
2015.02.18 Wednesday 20:40 | comments(5) | - | 

鞆の浦の官兵衛関連史跡

[ 広島 ]
12月に鞆の浦(広島県)に行ったときに大河ドラマ「軍師 官兵衛」に関連のある史跡がありましたので紹介します。


この記事でもって「軍師 官兵衛」の私の最後の記事とします。1年間お付き合いいただきありがとうございました。
ラメール
握手



秀吉が愛用した能舞台
秀吉愛用能舞台

秀吉能舞台板2

能舞台のある沼名前神社(ぬなくま)
神社


安国寺恵瓊改造の庭
安国寺恵瓊作庭

安国寺庭板2


庭のある安国寺
安国寺


鞆の浦といろは丸展示館
鞆の浦は、昔の風情が残った港町で、坂本龍馬率いる海援隊のいろは丸と紀州藩所有の明光丸が、1867年5月26日に衝突していろは丸が沈没し、その賠償交渉が行われた場所です。いろは丸展示館には、引き上げた物が展示されています。

鞆の浦街並み
街並み


いろは丸展示館
いろは丸展示館

龍馬隠れ部屋の再現
龍馬隠れ家


鞆の浦の地図は こちらから 
2014.12.30 Tuesday 00:01 | comments(7) | - | 

後白河院の勅願寺・浄土寺(尾道)

[ 広島 ]
 
IMG_8176  B

IMG_8177 B

616年、聖徳太子の創建と伝えられています。

本尊は十一面観音で、中国三十三観音霊場第九番札所

1186年に後白河院の勅願寺となります。

足利尊氏が九州平定や湊川の戦いの際、戦勝祈願をした寺としても有名です。

本堂、多宝塔は国宝、山門、阿弥陀堂は国重文に指定されています。

本堂

IMG_8178 B

多宝塔

IMG_8179 B

阿弥陀堂

IMG_8180 B

奥庭には伏見城から移築したといわれる茶室「露滴庵」があります。

山門からのぞく景色

IMG_8182 B



by shizuka



FC2ブログランキング参加中! 投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking
クリックお願いします。
2012.12.02 Sunday 00:00 | comments(2) | - | 

白河院の勅願寺・西国寺(尾道)

[ 広島 ]
 尾道の西国寺は、山門の大草鞋が目印です。

IMG_8156 B

IMG_8157 B

108段の石段を上ります。

IMG_8161 B

西国寺は、1108年、白河法皇により勅願寺となりました。

天平年中(729〜749)僧行基の開基と伝えられる。
治歴2年(1066)火災にかかり本堂、五重塔などことごとく焼失した。当時の住職慶鑁和尚は、京都仁和寺の性信法親王に師事し、白河院を頼って復興を願い、金堂など七堂伽藍が再建された。官寺として末寺も百数ケ寺を数える備後備中安芸にわたる西国一の大寺となった。
天仁元年(1108)から七帝御国忌の不断経修行が命じられたが、度々武士団の侵略にあって中断し、寺領も尾道浦一円を残すのみとなっていた。
永和年中(1375〜1379)再度火災にかかったが、備後の守護山名氏の手厚い外護によって至徳3年(1386)金堂(重文)が再建され、永享年中(1429〜1441)までの約60年間に、三重塔(重文)など伽藍が整えられた。
仁王門(県重文)は仁王像ともに室町時代末期の作。正面にさがら大藁草履は、健脚を願っての奉納とか。
(案内板より)

金堂

IMG_8160 B

行基菩薩の開基と伝わります。
度々の火災により焼失し、現在の堂は南北朝期、備後の守護山名一族によって再建されました。

IMG_8163 B

IMG_8164 B

IMG_8166 B

不動明王像

IMG_8169 B

IMG_8168 B

不動明王堂

IMG_8173 不動明王堂 B

大師堂

IMG_8170 B

毘沙門天堂

IMG_8171 B

IMG_8167 B

三重塔

IMG_8172 B

永享元年(1429)足利義教の寄進によって建立されました。

階段の上からは、尾道市街が見渡せます。

IMG_8162 B 

by shizuka



FC2ブログランキング参加中! 投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking
クリックお願いします。
2012.12.01 Saturday 00:00 | comments(5) | - | 

近衛天皇ゆかりの持光寺(尾道)

[ 広島 ]
JUGEMテーマ:NHK大河ドラマ「平清盛」

初めての尾道訪問です。

IMG_8070 B

尾道駅から、土日祝に運行される尾道のレトロバス・好きっぷライン(一日500円乗り放題)に乗車し、林芙美子像前で下車。

IMG_8092 B 

芙美子像 

IMG_8072 B

通りを渡って、階段を登ればすぐのところにあります。
(駅から歩いても行けます。)

IMG_8075 B 

承和年間(834〜848年)、慈覚大師により天台宗の寺として草創されました。
永徳2年(1832年)浄土弘伝の沙門善空頓了上人により浄土宗の寺に中興改宗され、以来京都東山・禅林寺(永観堂)の末寺となります。

鳥羽法皇の命により、愛する御子・近衛天皇のご息災を祈願して作られた国宝・絹本著色 普賢延命像(1153年)が伝わっています。
一度拝むと寿命が延びるといわれています。

延命門

IMG_8076 B

持光寺裏山の日輪山より切り出された36枚の花崗岩で出来た大石門で、門をくぐると、巨石より発するパワーにより寿命増長されるといわれています。

にぎり仏

IMG_8079 B

IMG_8082 B

本堂

IMG_8077 B

本堂から阿弥陀様が

IMG_8091 B


日輪山 五劫院 持光寺

当寺は承和年間(834年〜848年)、伝教大師の高弟持光上人により、天台宗の寺として草創され、寺号は日輪山天禅寺と号し本尊は立像・聖観世音菩薩の霊像でありました。
この天台宗時代の寺宝も数点伝わり、中でも絹本着色・普賢延命菩薩像は「延命像仁平三年四月廿一日供養(1153)と銘が記されており、この仏画は「保元・平治の乱」の直前・鳥羽法皇の御宇、最愛の御子・近衛天皇の御息災を祈願された尊像であり現在「国宝」に指定されております。
南北朝、足利三代将軍義満の時、永徳2年(1382)浄土弘伝の沙門善空頓了上人により本尊、立像・来迎の阿弥陀如来を迎え浄土宗に改宗される。寺号も日輪山金剛台院持光寺と改め、京都東山の永観堂・浄土宗西山禅林寺末寺となる。
移って元禄15年(1702)徳川五代将軍綱吉の時、当山第29世中興直空上人の願主により、大仏師法橋安清の手になる五劫思惟の阿弥陀如来を迎え院号も五劫院と改める、以来常行念仏の声今に絶えない。
現に本堂の須弥壇上に安置され霊験極めてあらたかにして、一度この尊像を拝み奉り後極楽往生を願うれば安養九品の浄土に至らんこと何の疑いもなし。


by shizuka



FC2ブログランキング参加中! 投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking
クリックお願いします。
2012.11.30 Friday 00:00 | comments(5) | - | 

宝積寺(広島)

[ 広島 ]
 安芸川尻の宝積寺

IMG_8019 B

IMG_8006 B

清盛が一門の繁栄を願い、1158年に参拝して三日三晩、平家一門の繁栄と武運長久を祈ったという秘仏・十一面観世音菩薩像がこちらに安置されています。

IMG_8012 B

今年は、大河イヤーに合わせ、3月中旬から約半年間、特別公開されたそうです。
時期が合わず、見ることはできませんでしたが、写真が飾られています。

IMG_8007 B

また、清盛直筆の書(写し)と伝わる額が保管されています。

IMG_8008 B

清盛が植樹したという松の写真

IMG_8015 B

現在は枯れてしまったそうですが、?代目の松が跡を継いでいます。

IMG_8017 B

境内からの眺め

IMG_8016 B"

FC2ブログランキング参加中! 投票にご協力ください⇒FC2 Blog Rankingクリックお願いします。
2012.11.25 Sunday 00:00 | comments(5) | - | 

平清盛海上ロケ地(広島)

[ 広島 ]

大河ドラマ「平清盛」の海上シーンは、広島県安浦の「グリーンピアせとうち」を拠点として、柏島や周辺海域で撮影が行われました。

IMG_7998 B

その記念して現在「清盛 海のみち展」が開催されています。

IMG_8004 B

IMG_7997 B

ホテルエントランス前に展示されている平家軍の和船

IMG_7996 B

桟橋会場では、ドラマに登場した海賊船を間近で見ることができます。

IMG_7995 B

IMG_7976 B

IMG_7980 B

IMG_7981 B

IMG_7982 B

IMG_7984 B

乗船もできます!

IMG_7988 B

IMG_7989 B

柏島をバックに記念撮影ができます。

IMG_7978 B

柏島

「高倉院厳島御幸記」には「上皇が治承四年(1180)三月二十五日に安芸馬島という処につく云々、馬島に一泊して御身を海水にてみそぎしたまい、翌二十六日厳島に行幸したまえる」とあることより、高倉上皇が馬島に停泊し、禊の際に、そのかしわ手の音がこの島に響いたことから名付けられたという説があります。
(柏の木が群生していたので柏島と名付けられたとも)

馬島

IMG_7977 B

治承4年(1180)に高倉上皇清盛が厳島神社への参詣の際、潮待ちのため、馬島の日向泊で禊を行い仮泊したといわれています。その際御座船や警護の平家船団が島周辺を埋め尽くしましたそうです

大泊湾

グリーンピア敷地内にある浦は、古来、朝鮮出兵の際、神功皇后の船団が、この浦に停泊できたことから、大きな停泊地との意味で「大泊」と呼ばれています。
手前に横島があり、風を防ぐので風待ちの港とされました。
西行が厳島参拝の途中、この海辺で一夜を明かし、月影の一首を詠っています。
この地に西行庵が復元されています。

日之浦

平家一門の四国へ渡る拠点として、また安徳天皇を擁した主流に合流するために,臼之浦は逃避経路の要所でした。
この地は平家の落人が隠れ住んだ里で、伝説が多く残されているとか。

屋内会場では、瀬戸内の海の歴史資料や、撮影に使われた小道具などが展示されています。

IMG_7999 B

IMG_8000 B

IMG_8001 B

IMG_8002 B

(安浦観光協会HP、グリーンピアせとうちHP参照)

安浦駅からはグリーンピアせとうちの送迎バスを利用しました。

海賊船の迫力にも魅せられましたが、周辺の海の景色も見事でした

次回安浦に行くことがあれば、ぜひグリーンピアに宿泊してみたいです!

by shizuka



FC2ブログランキング参加中! 投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking
クリックお願いします。
2012.11.24 Saturday 00:00 | comments(5) | - | 

音戸の瀬戸と日招像(広島)

[ 広島 ]
 

広島から呉へ移動し、路線バスで清盛塚へ

渋滞がなければ、20分ほどで到着します。

清盛塚

IMG_7905 B

伝清盛塚
 
 音戸の瀬戸を切り開いたといわれる平清盛が、当時大工事を行う際に献じたと言われる人柱の代わりに、一字一石の経石を海底に沈め、難工事を完成させたという逸話が残されています。
 清盛塚は、元暦元年(1184年)に建立されたと伝えられており、周囲49mの石垣に囲まれた塚の中央には、清盛公の功徳を称えた高さ2mほどの宝篋印塔があります。
 境内のクロマツは、享保4年(1719年)に一度枯死して植えかえられたとされています。平成11年(1999年)には再び枯れてしまいましたが、新しい幼木が育って、現在まで「清盛松」として親しまれています。
                                
                                                 呉市

IMG_7907 B

音戸大橋

手前の橋は音戸大橋で、背後に見える橋は、音戸大橋の交通渋滞の緩和などを目的として現在建設中、来年開通予定の第二音戸大橋です。

IMG_7908 B

音戸の瀬戸ドラマ館

IMG_7903 B

ドラマの撮影紹介パネルや、海上シーンの撮影で使用された衣装や小道具が展示されています。

IMG_7914 B

ここでは、ロケで使用された和船が展示されています。

IMG_7915 B

IMG_7917 B

ここ撮影OKです!

IMG_7918 B

ドラマ館の清盛像

IMG_7919 B

ドラマ館の4階の和食のお店で「清盛丼」をいただきました!

瀬戸内の新鮮な海の幸がご飯の上に載っています。

お刺身に酢味噌をかけて食べるという初めての食べ方でした。

IMG_7925 B

音戸の舟唄の石碑

IMG_7926 B

土日祝運行されている清盛シャトルバスで、日招像のある高烏台へ

IMG_7953 B

前はタクシーでここまで上ってもらいました。
無料のシャトルのサービスがあるとは嬉しいことですね!

懐かしい日招像との再会!

日招像

IMG_7949 B

音戸の瀬戸開削800年を記念して建てられた清盛の銅像です。
伝説のとおり日没の方向に扇を向けて立ち、海上交通の安全を見守っています。

IMG_7950 B

後ろ姿

IMG_7951 B

ここからの景色は絶景です!

IMG_7956 B

IMG_7945 B

IMG_7944 B

IMG_7947 B

日招像から200m程、山道を下ると、日招岩という清盛の足跡と杖の跡が残る岩もあります。

IMG_7930 B

清盛像からかなり下へ降りて行きます。

IMG_7936 B

IMG_7931 B

清盛の足跡、杖の跡がわかりますか?

IMG_7932 B

IMG_7933 B 

日招岩については、merryさんにアドバイスをいただきましたm(__)m

merryさんの記事→コチラ

行きはよいよい、帰りはキツイ(^_^;)

でも、無事バスの出発時間までに戻って来られました)^o^(


シャトルバスで一周し、ドラマ館へ 戻り、

帰りは、シャトルシップ清盛号を利用しました。(片道500円)

IMG_7961 B

この船にはガイドさんの解説を聞きながら、護衛艦や潜水艦を海から眺めることができます。

IMG_7962 B

IMG_7963 B

間近で見ると、凄い迫力ですね!

IMG_7969 B

乗船時間は25分

あっという間に呉港に到着しました。

IMG_7898 B

IMG_7899 B

IMG_7971 B 

by shizuka



FC2ブログランキング参加中! 投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking
クリックお願いします。
2012.11.23 Friday 00:00 | comments(3) | - | 

本川井戸と疱瘡神社(広島)

[ 広島 ]
 
広島に伝わる清盛と常盤御前の娘・天女姫の伝説を追って歩いてみました。

本川井戸

IMG_7878 B

IMG_7879 B

本川井戸の由来

平清盛は、その娘・天女姫・が宮島で亡くなり(1179年)その亡き骸を祀るため堀越の丘に疱瘡神社を建てました。
そしてその神社が狐や狼に荒らされる事を気遣って、全国から大勢の作業者をあつめ、堀越の山の一部を堀り切って、そこに海水を引き込み、神社のある丘を島にするという大工事を行いました。
この本川井戸はその時に作業者たちの飲み水として使うために、掘られたものであるといわれています。
そしてその工事は、堀越の地名の由来ともなりました。

IMG_7877 B

この看板を追っていくと疱瘡神社に辿り着きます。

IMG_7880 B

疱瘡神社

IMG_7882 B

IMG_7886 B

IMG_7881 B

疱瘡神社の由来

源頼朝の死後、その側室であった常盤御前は三人の子どもを連れて平清盛の所へ助命嘆願に行きました。
そしてその後に生まれたのが『天女姫』であり、従って源義経とは異父同腹の兄妹です。
姫はその名の通り天女にも似た美女でしたが、不幸にも疱瘡病(天然痘)という病気に罹り、清盛は全国の名医を集めて治療に専念いたしました。
しかし病は容易に癒えず、「この上は平家の守り神である厳島明神の力におすがりする外ない」と治承三年(1179)二月上旬に、姫を船に乗せ沢山の女官・従者を従えて、海路二十六日宮島に参着し、祈願の後帰路に就きましたが、急に病状が悪化し二月二十九日に姫は十四才を一期に息を引き取りました。
清盛は止む無くその遺骸を埋葬すべき所を神に伺ったところ「これより東方七里、赤旗の建っている場所こそ埋葬の地である」とのお告げに従い、遺骸を船に乗せ東方向灘の浦まで漕ぎ来ると、まさしく赤旗の建っている丘があり、「ここぞその場所」と考え、金銀十二枚、手玉七つ、玩具類七個と、姫が肌身離さず持っていた一寸八分の黄金仏などを副葬品として埋めて、そのしるしに『せんだんの木』を植えておきました。
そして、その場所から東方八間の所に四間四方のお堂を建てて、本尊に阿弥陀如来を祀り、その脇に十二単で身を飾った姫十四歳の立ち姿の木像を置き、入魂の秘法を行い本尊に配し祀ったと古伝にあります。
その場所が昔からこの場所と伝えられています。

『仁保村志の原文より要約』
平成十八年四月吉日 (案内板より)

IMG_7885 B

IMG_7884 B

IMG_7883 B

JR向洋の駅から歩いて行ったのですが、なかなか場所がわからず、迷いながら言ったので、行きは30分以上かかったと思います。
駅の周辺では、これらの史跡を知っている人がいなかったのですが、当てずっぽうで歩いて行く途中、神社のそばに住んでいる方と出会い、行き方を教えていただきました(#^.^#)


by shizuka



FC2ブログランキング参加中! 投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking
クリックお願いします。
2012.11.22 Thursday 00:00 | comments(4) | - | 
 | 1 / 5 PAGES | >>