<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

躑躅ケ埼館跡〜甲府市

[ 山梨 ]
JUGEMテーマ:大河ドラマ


真田昌幸の父・真田幸綱(幸隆)は、甲斐国の武田信玄の家臣であったため、昌幸は7歳で人質として甲斐国へ下り、武田信玄の奥小姓として仕えました。

信玄は昌幸の優れた才能を早くから見抜き、「我が眼」と称して重用したといいます。

甲府駅南口の信玄銅像


長じて昌幸は信玄の母方の武藤姓を与えられ、その才覚と武勇で頭角をあらわして、信幸・信繁が生まれた頃には足軽大将となっていました。

しかし天正3年(1575)の長篠合戦において、真田信綱と昌輝の兄2人が戦死したため、3男であった昌幸が真田に復姓して家督を継ぐ事になりました。
この時昌幸は、29歳になっていました。

昌幸は上田に帰るにあたり、嫡男信幸(10歳・当時は源三郎)を人質として甲府に残しました。
後、源三郎は甲府で元服して信幸を名乗りましたが、信幸の「信」は信玄の一字を賜ったとされています。(諸説あり)



甲府駅前からまっすぐ続く「武田通り」
当時は、格子状に整備された道路に沿って城下町が開けていました。


武田通りの先には「武田神社」があります。



武田神社は大正8年(1919)、武田信玄を祭神として創建されました。





この辺り一帯には、武田信虎・信玄・勝頼の3代60余年にわたる武田氏館がありました。
武田氏館は「躑躅ケ埼館」とも呼ばれ、武田信玄の父・信虎が永正16年(1519)に石和からこの地に、館を移したことから始まります。
一辺が200mの正方形の主郭(現武田神社)を中心に、その回りのいくつかの副郭があり、館の回りには、家臣の屋敷がありました。


拝殿の右には、武具や軍旗など、武田家ゆかりの品々が保存・展示されている宝物館があったのですが、写真はありません。

拝殿の左には、信玄の息女が誕生した時に産湯として使われたという井戸がありました。
「姫の井戸」


また「武田水琴窟」もありましたが、これは江戸時代のものです。



堀と土塁の一部が残っているそうですが、これ?なのでしょうか(-_-;)




武田神社から10分余り歩くと、武田信玄のお墓があります。



信玄は元亀3年(1573)4月12日、三河攻めから甲斐に戻る途上で病没しました。
信玄の死は遺言により3年間秘められ、遺体はひそかにこの地に運び込まれて仮埋葬され、3年後に菩提寺である恵林寺に葬られたとされています。


しかし信玄亡き後の武田氏は衰退の一途をたどり、天正10年、織田信長の甲斐侵攻によって武田氏は滅亡に追い込まれました。
武田勝頼とともに甲府から新府城に移っていた真田信幸の人質生活も、これにより解放されました。

しかし、大河ドラマ「真田丸」では、信幸・信繁はもとより家族全員が新府で人質生活を送っていた事になっていましたが・・
はて?史実はどうだったのでしょうね?




     by  めりい




 




 

お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m






 
2016.03.07 Monday 00:00 | comments(8) | - | 

風林火山ゆかりの地・風林火山館

[ 山梨 ]
山梨県の北杜市に風林火山の野外ロケセットがあるので、足を伸ばしてみた。
ドラマでたびたび登場する躑躅ヶ崎館の大手門。
イメージしていたより少々小さかったけれど、雰囲気は伝わってきました。

大手門
大手門

主殿
主殿

二階櫓
二階櫓

隅櫓
隅櫓

2年前、岩手県にある「義経」のロケセット「えさし藤原の郷」に行ったのですが、それと比べると、ややスケールが小さいですね。
でも、風林火山のドラマの雰囲気を充分楽しむ事ができました。





FC2ブログランキング参加中!
投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking
クリックお願いします。

2007.08.20 Monday 13:15 | comments(6) | trackbacks(1) | 

風林火山ゆかりの地・棒道

[ 山梨 ]
小淵沢I.Cを下りて、北杜市にある「風林火山館」に向かっている途中に「信玄棒道」の案内標識が目に入った。
車を止めてみると、今走っている「八ヶ岳公園道路」の下を横切るように、細い山道が続いている。

棒道標識

棒道

棒道とは、信玄が北信濃攻略のために開いたといわれる軍用道路で、八ヶ岳の麓を棒のように真っすぐ抜けていることから、そう呼ばれたそうである。
なるほど、真っすぐである。
信玄も勘助も、この道を何度も通って戦に行ったのであろう。
当時の姿にしばし思いを馳せながら、棒道を後にして風林火山館に向かった。





FC2ブログランキング参加中!
投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking
クリックお願いします。

2007.08.18 Saturday 10:56 | comments(4) | trackbacks(0) | 

風林火山ゆかりの地・信玄公の墓

[ 山梨 ]
天正元年(1573)、信玄公は上洛の途中で病が重くなり、53歳で病死する。
信玄公は、自分の死を3年間伏せるよう遺言したため、嫡子勝頼公はそれに従って3年後にこの地で荼毘に附し、菩提寺である恵林寺において葬礼を行い、埋葬したという。
ここは24将のひとり土屋氏の屋敷跡で、武田神社から徒歩15分くらいの所にありました。

信玄墓1

信玄墓2

武田神社、山本勘助屋敷跡、信玄公の墓と回ったところで、帰りの電車の時間が近づいてきました。
時間があれば風林火山博も見て・・と思っていたのですが、とても無理でした。

往復9時間かけて、観光は4時間少々でしたが、有意義な一日でした。
おみやげは、もちろん「信玄餅」、そして「風林火山」のお酒と「山本勘助」の焼酎でした。

信玄餅

風林火山酒


FC2ブログランキング参加中!
投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking
クリックお願いします。

2007.06.07 Thursday 12:49 | comments(19) | trackbacks(0) | 

風林火山ゆかりの地・山本勘助屋敷跡

[ 山梨 ]
甲府駅の観光案内所でゲットしたパンフレット「武田二十四将の屋敷跡を訪ねる」を片手に、山本勘助の屋敷跡まで歩いてみました。

パンフレット

ちょっと分かりづらくてウロウロしましたが、親切な人に教えてもらって、何とかたどり着きました。
武田神社から15分くらい歩いたかな?
勘助屋敷跡1

勘助屋敷跡2

山本勘助の屋敷跡は古府中第2公園の一角にあり、後ろに相川が流れる閑静な住宅地でした。
要害山

この後方に、信玄が生まれた「要害城」があった「要害山」があるのですが、よく似た形の山がいくつかあり、残念ながら旅行者の私には見分けがつきませんでした(笑)



FC2ブログランキング参加中!
投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking
クリックお願いします。
2007.06.04 Monday 10:52 | comments(10) | trackbacks(0) | 

風林火山ゆかりの地・武田神社

[ 山梨 ]
JR甲府駅北口からバスに乗り、10分ほどで武田神社に到着。
「躑躅ヶ崎の館」と呼ばれた武田氏三代の館は、一辺が200m.の正方形を主郭とした平城であった。
高い城や石垣を必要とせず、「人は城、人は石垣」と言った信玄の理念が伺われる。
館跡に、信玄公を祭神とした「武田神社」が創建されたのは大正8年の事であった。

武田神社1

武田神社2

武田神社3

神社内にある宝物館では、「山本勘助の遺宝展」が開催されていた。
そこには信玄公筆と伝わる勘助の鐘馗の図(魔よけのため独特な表情をした肖像画)や刀が展示されていた。
また、信玄公の時代から伝わるものなのか、大変古い「孫子の旗」(縦376cm,横83cm)が額に入って展示されていた。
残念ながら写真撮影お断りでした。

神社の境内に「姫の井戸」と呼ばれる井戸があった。
信玄公に姫が誕生した時、産湯に使われた井戸と伝わっているそうである。
姫の井戸

神社から駅に向かって「武田通り」とよばれる真っすぐの道がある。
ここは当時から館の南方一帯に格子状に道路が整備されていて、城下町も開けていたという。
武田通り

また館の周りには家臣の屋敷も多くあり、この写真のあたりには板垣信方や馬場信春の屋敷があったと伝わる。
山本勘助の屋敷は神社の北西にあったと伝わっているので、そこへ足を運んでみることにした。


FC2ブログランキング参加中!
投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking
クリックお願いします。






2007.06.01 Friday 11:28 | comments(7) | trackbacks(0) | 

風林火山ゆかりの地・甲府

[ 山梨 ]
滋賀県から山梨県の甲府まで、ちょっと遠いですが日帰りの旅に挑戦してみました。
まずは守山駅から京都駅まで新快速電車で25分、そして京都駅から新幹線で静岡駅まで1時間半、静岡駅から特急「ワイドビューふじかわ」に乗り換え、山の中を走る事2時間余りで、ようやく風林火山ゆかりの地「甲府」に到着です。


JR甲府駅を下りると、まずは信玄公の銅像がある南口へと一目散。
戦国最強といわれた武田信玄公の銅像は、思っていたより大きくて、威厳がありました。
私はこの写真を撮るために、4時間あまりかけてやって来たのでした。
信玄像

信玄公と感激の対面を果たしたあと、気がつけばお腹がペコペコ。
そこで駅前にある山梨名物の「ほうとう」店へ入りました。
ほうとう

「ほうとう」は信玄の陣中食といわれています。
私は定番といわれる「かぼちゃほうとう」を食べたのですが、野菜たっぷりの味噌煮込み味が美味しくて、ボリューム満点で大満足。
これが武田軍のエネルギーの元だったのでしょうね。

お腹一杯になったところで、私達も「風林火山ゆかりの地めぐり」にいざ出陣です。
孫子の旗


FC2ブログランキング参加中!
投票にご協力ください⇒FC2 Blog Ranking
クリックお願いします。

2007.05.30 Wednesday 19:16 | comments(4) | trackbacks(1) | 
 | 1 / 1 PAGES |