大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
明治村の西郷従道邸〜愛知県犬山市

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

犬山市の「博物館 明治村」に、西郷従道が明治10年代に東京目黒の自邸内に建てた洋館が移築されています。

当時従道は明治政府の中枢的な地位にあり、在日外交官との接触も多くあったため、主にお客さんを迎えるゲストハウスとして建てられました。

 

設計はフランス人建築家レスカスとされ、内開きのガラス戸に外開きの鎧戸、銅板を葺いた屋根など、当時として大変先進的な建物でした。

現在は重要文化財に指定されています。

 

建物は従道邸ですが、室内の家具調度は色んな所から収集されたものです。

 

例えば書斎にあるこの飾棚は、皇室で使用されていました。

 

飾棚の横にあった地球儀。よくよく見ると変な形の「Japan」があります。

その下には「agoshima」??

もしかして「Kagoshima」の事?

 

 

さて、こちらは食堂

 

隣の部屋の天井は、鉄板を押して成型したものを張り付けているそうです。

 

この部屋は夫人室。椅子はダルマ型の背もたれになっています。

これは、後ろが膨らんだドレスを着ていても、着物を着ていても、座りやすいように造られているそうです。

 

 

 

流れるような曲線の廻り階段。

見た目にも美しく、昇り降りも大変楽でした。

 

 

二階の応接室

 

西郷邸には、部屋により黒檀製や鉄製などいくつかの暖炉があります。

応接室の暖炉は陶器製で、日本三景の絵が描かれています。

 

広いベランダ。

明治天皇も西郷邸を訪れられた事があり、このベランダから催し物を眺めたと伝わります。

 

居間にある長椅子は鹿鳴館で使用されていたもの。

竹で造られた枠には蒔絵が施され、大変貴重なものだそうです。

 

 

そして、最後は寝室。

 

ベッド横のサイドテーブルに入ってるこの綺麗な容器は、何だと思いますか?

 

この入れ物は「チェインバーポット」と言い、夜間用の便器だそうです。
チェインバーポットはヨーロッパで広く使われていましたが、日本人にはあまりなじみがなく、そのため、福沢諭吉がヨーロッパを旅行した時、このきれいな入れ物を見て宝物を入れる容器だと思い、持ってきた大事な仏様を入れていたといういう話も残っているそうです。

ちなみにこれは、日光金谷ホテルの客室で使用されていたものです。
 

 

参考までに。

一階部分は自由に観覧できますが、二階部分は決まった時間に案内の人に従って観覧する事になっています。

前もって時間を調べてから行った方がいいようです。

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

| 愛知 | 00:00 | comments(6) | - |- pookmark↑PAGE TOP
松平信康公の首塚がある「若宮八幡宮」

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

岡崎市朝日町の「若宮八幡宮」に、松平信康公の首塚があります。

 

 

 

 

 

案内板によると・・

二俣城で自害した松平信康の首は、織田信長方で首実験された後、岡崎に戻され、この地に埋葬されたそうです。

しかしその後、岡崎城内で度々怪奇現象がおこったため、信康の霊をなぐさめるべく境内に首塚が建立されたとか。

しかし信長をはばかって社名を公にすることが出来ず、「若宮八幡宮」と改名されたのは近世になってからのことだそうです。

 

 

岡崎城内で怪奇現象があったとは穏やかでない話ですね。

それだけ城主であった信康の死を、城内のみんなが無念に思っていたという事なのでしょう。

 

 

それにしても「信長方で首実験」がされたという事は、信康の自害を命じたのは、やっぱり「信長」という事になるのでしょうか。

それとも、そのように家康が流布したのでしょうか。

 

歴史の闇です。

 

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

| 愛知 | 00:00 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
築山殿の首塚がある「八柱神社」

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

岡崎市欠町石ヶ崎にある「八柱神社」には、築山殿の首塚があります。

 

 

 

築山殿の首は、岡崎市の祐傳寺に埋葬されて築山明神宮が勧請されましたが、その後正保3年にこの八柱神社に移され、現在に至っているそうです。

 

 

 

鳥居の向こうに、老杉に囲まれた築山殿の首塚がひっそりとありました。

 

 

 

 

 

ドラマの中では、築山殿は信康の冤罪を一身に背負って殺され、その首は信長の前に差し出されました。

女性でも首実検されるのですね。

 

 

史実はどうなのか分かりませんが、女性が首をはねられること自体が驚きでした。

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

| 愛知 | 00:00 | comments(5) | - |- pookmark↑PAGE TOP
家康が生まれた岡崎城

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

 

徳川家康は、天文11年(1542)三河国岡崎城主・松平広忠の長男として岡崎城で生まれました。

幼名は竹千代。

母・於大は、三河国刈谷城主・水野忠政の娘でした。

 

松平氏も水野氏も駿府の今川氏に与していましたが、水野忠政亡き後、家督を継いだ兄・信元が織田方についたため、松平広忠は今川氏をはばかって於大を離縁するより仕方がないように追い込まれました。

 

於大はこの時17歳。

夫とまだ乳飲み子の竹千代を残して、岡崎を去って行きました。
 

 

岡崎城

 

 

城の前にあるのは、家康の遺訓「人の人生は重荷を負いて遠き道をゆくがごとし・・」

 

 

礎石 (田中吉政時代の天守の心柱の礎石だそうです)

 

 

天守台の石垣

 

 

5階の展望室から眺める景色

 

 

 

 

お城の庭には、家康公の「えな塚」があります。

 

 

そして家康公「産湯の井戸」

 

実家に帰った於大は、その後知多郡阿古居城の城主・久松利勝に再嫁し、3男3女をもうけました。

 

一方竹千代は、6歳で人質として駿河の今川氏へ行く途中で織田方に捕らえられ、その後人質交換で織田から今川に引き渡されるなど、苦難の幼少時を過ごしましたが、母・於大は何かと竹千代を気遣い、絶えず音信を取り続けたといいます。

 

その後竹千代は今川氏の元で元服し、今川氏一族の娘・瀬名(後の築山殿)と結婚。

1560年の桶狭間の戦いで、今川義元死去を機に岡崎に帰った時には19歳になっていました。

 

そして織田氏と同盟した家康は、於大を母として迎え、母が再婚した久松俊勝とその息子3人に松平姓を与えて家臣としました。

 

別れて暮らしても、母子の絆の強さがしのばれる話ですね。

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

| 愛知 | 00:00 | comments(8) | - |- pookmark↑PAGE TOP
長篠の戦い

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

長篠城は、元々は今川氏に属する菅沼氏の居城でしたが、今川氏が弱体化すると徳川方に属するようになり、さらに武田軍に攻められると武田方になり、信玄公が亡くなると再び徳川方が奪回するという、まさに戦国時代を象徴するような城でした。

 

 

 

しかし、この地は武田方にとって重要な拠点であり、天正3年(1575)5月、当時徳川方の奥平氏が守る長篠城を奪い返そうと、信玄の跡を継いだ「武田勝頼」が1万5千の大軍を率いて城を取り囲みました。

 

これが「長篠の戦い」の始まりです。

 

 

 

この長篠城の攻防を前哨戦として、戦いは織田・徳川連合軍3万8千が待つ設楽原へと持ち込まれる事になりました。

 

 

 

設楽原の遠景

 

 

勇猛果敢な武田軍は得意の騎馬戦術で設楽原を突き進みましたが、それに対する信長は、敵を「馬防柵」に引き寄せて火縄銃で一網打尽にするという全く新しい戦法でのぞみました。

 

武田騎馬軍団のレリーフ

 

 

織田・徳川連合軍の火縄銃隊のレリーフ

 

 

この当時の火縄銃は、弾丸を筒先に込めて発射までに2〜3分の時間を要しましたが、信長は3千丁の銃を千丁づつ交代に発射させてロスタイムを無くす戦術を編み出したのです。

 

その新戦術の前に、はじめ優勢だった武田軍の諸将も相次いで倒れ、昼頃には敗色濃厚となりました。

 

織田・徳川連合軍の馬防柵

 

 

 

 

設楽原決戦があった5月21日は、現在の暦では梅雨の時期にあたり、ぬかるみに馬の足をとられながらも奮闘した武田騎馬軍の姿がしのばれます。

 

柳田前激戦地

 

 

武田軍は、引き連れた大軍1万5千のうち、1万名以上の犠牲を出し、武田勝頼は命からがら信州へ敗退しました。

そして7年後、勝頼は自害し武田家は滅びます。

 

 

 

長篠合戦陣歿者供養塔

 

信玄塚

 

戦いの後、おびただしい数の戦死者は懇ろに葬られ、その墓は「信玄塚」と呼ばれるようになりました。

この戦いは信玄亡き後の事なのですが、武田の武士=信玄というイメージから、そのように名付けられたのでしょうか。

 

毎年お盆に、この場所で「火おんどり」と呼ばれる火祭りが行われ、戦死した武田軍の霊をなぐさめる供養が今も続けられているそうです。

 



 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

| 愛知 | 00:00 | comments(6) | - |- pookmark↑PAGE TOP
新城の満光寺(2)徳川家康を助けたニワトリ

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

宝永3年(1706)第9世住職・禅柱和尚の時、満光寺は拡張され、庭園も現在の景観に造られたとされています。

庭園は、小堀遠州流で、書院庭園(北庭)と庫裡庭園(東庭)の二庭から成り立ち、愛知県の指定文化財に選ばれています。


このお寺には徳川家康にまつわる有名な逸話も残されています。

元亀年間、徳川家康がまだ若かりし頃、武田信玄との戦いに敗れて落ち延びてきた時、満光寺を見つけ、住職に一夜の宿を頼むと、気の毒に思った住職が快く受け入れてくれました。そして、真夜中に鳴いたの声に、武田軍から命を助けられたと伝えられています。家康はその恩に報いるため、寺領三石の扶持を与え、その後の家光の時代には20石を与えたと言います。


満光寺では、今も小国という平安時代に遣唐使が中国から持ち帰った鶏の子孫であるという鶏を見ることができるそうです。
そういえば、鳴き声がしたのですが・・・
確認すれば良かったorz

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

| 愛知 | 22:21 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
新城の満光寺(1)鈴木重勝が再興した満光寺

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

愛知県新城市にある満光寺は、奥三河七観音霊場の五番寺です。



山門は新城市の指定文化財に登録されています。

 


元々は天台宗のお寺として建立されましたが、戦火に焼かれ、天文2年(1533)今川義元の家臣・柿本城主鈴木長門守重勝により曹洞宗の寺として再興されました。

重勝は、井伊谷三人衆のひとり、鈴木重時の父であり、重時の嫡子・重好がわずか12歳で後を継ぎました。
また、重勝の娘が、井伊直満に嫁ぎ、井伊直親を生みました。

 



本堂には、十一面観世音菩薩が祀られています。



本堂の裏側に、鈴木重勝らの墓が祀られています。 

開基堂




右から、鈴木重勝と妻、鈴木重好(鈴木重時の嫡男)と妻の墓

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

| 愛知 | 07:00 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP
岡崎城

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

徳川家康は、天文11年(1542)三河国岡崎城主・松平広忠の長男として岡崎城で生まれました。

しかし6歳で人質として駿河の今川氏へ行く途中で織田方に捕らえられ、その後人質交換で織田から今川に引き渡されるなど、苦難の幼少時を過ごしました。

その後今川氏の元で元服し、今川氏一族の娘・瀬名(後の築山殿)と結婚。

1560年の桶狭間の戦いでの今川義元死去を機に岡崎に帰った時には19歳になっていました。

 

岡崎城

 

城の前にあるのは、家康の遺訓「人の人生は重荷を負いて遠き道をゆくがごとし・・」

 

岡崎城の天守は、田中吉政が城主の時代に創建されましたが、その後地震で倒壊したと考えられています。
その後元和3年(1617)本田康紀が城主の時に三層三階、地下一階で東に井戸櫓、南に付け櫓を付属した複合天守が再建されましたが、250年余後の明治初期に破却。

現在の天守は昭和34年に再建されたものです。

 

この礎石は、田中吉政時代の天守の心柱の礎石だそうです。

 

天守台の石垣は野面積みで、これもかなり古いようです。

 

5階の展望室から眺める景色

 

 

 

お城の庭には、家康公の「えな塚」があります。

 

 

そして家康公「産湯の井戸」

 

 

岡崎城の周りは「岡崎公園」として整備されています。

 

三河武士のやかた家康館

 

岡崎公園の表玄関「大手門」

 

徳川家康公像

 

家康公・竹千代像ベンチ

 

徳川家康の生誕地にちなんで、岡崎公園内にはこのような竹千代像が多く見られました。

 

 

   by  めりい

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 愛知 | 00:00 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
史蹟桶狭間古戦場〜豊明市

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

名鉄「中京競馬場駅」で降りて徒歩数分の所に、豊明市の「史蹟桶狭間古戦場」があります。

 

 

 

公園に入ってすぐ「七石表(一号碑)」と書いた案内板があります。

これが、今川義元の戦死した場所を示す石碑だと伝わります。

 

その後ろには、今川義元のお墓もありました。

 

七石表は桶狭間の合戦で戦死した7人の武将の位置を表示しているそうです。

一号碑は「今川義元」の戦死した位置。
二号碑は、今川家の重臣「松井宗信」の戦死した位置。
三号碑〜七号碑は、氏名不詳の今川方の武将が戦死した位置。

公園の中を見ると、あちこちに石碑が点在しています。

 

名前が分からない武将が、この辺りでバタバタと倒れていたってことですね。

 

 

 

 

「史蹟桶狭間古戦場」の向かい側には、今川義元の本陣があったという「高徳院」があります。

 

山門をくぐって、すぐに目についたのがこの本陣跡の碑。
今川義元公の直系19代の子孫の方によって建てられたそうです。

 

その奥には本堂

 

山門の横には、今川義元三百回忌に建てられたという供養塔がありました。

 

 

ところで、今川勢2万5千、信長勢3千といわれる大勢の戦いなので、桶狭間古戦場はいくつあっても不思議ではないのですが、「今川義元本陣跡」や「義元公戦死の地」はやっぱりひとつでしょう。

名古屋市か豊明市か、さてどちらなのでしょう?

歴史のロマンですね。

 

 

       by  めりい

 




 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 愛知 | 00:00 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
桶狭間古戦場公園〜名古屋市

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

名鉄「有松駅」から南に歩いて15分。

ここに、駿河・遠江・三河の三国を支配する有力大名・今川義元が、尾張の小大名・織田信長に討ち取られたという「桶狭間古戦場」があります。

 

永禄3年(1560)5月19日、駿河の今川義元が2万5千(諸説あり)の大軍を率いて尾張に迫ると、織田信長はわずか2千足らずの兵で奇襲をかけ、義元を討ち取りました。
戦国時代の勢力図を塗り替えるこの一戦が展開されたのが、ここ桶狭間です。

当時、桶狭間山の裾野であるこの辺りは深田であったといわれ、そこに足を取られた義元は、信長軍にあっけなく首をはねられたといいます。


桶狭間古戦場公園には、織田信長と今川義元の銅像があります。

 

 

公園の片隅にある「今川義元戦死の地」

この右側の墓石は、昭和28年(1953)に偶然発見されたもので駿公墓碣(すんこうぼけつ)」と刻まれています。

造られた年月は不明で、当時の村人が敗軍の将を弔うことをはばかり墓石を埋めてひっそり供養したものではないかと言われています。

 

 

「義元公 首洗いの泉」

今川義元公の首級をこの泉で洗い清めたと言われています。

 

 

 

首荒いの泉の後方から道に出ると、今川義元が本陣を置いていた桶狭間山への案内板があります。

ただし現在、桶狭間山は開発されて住宅地となっているため山はありませんが、住宅の前の急な坂道や段差が当時を物語っています。

 

その住宅地の一角に「今川義元本陣跡」の碑がたっていました。

 

 

 

実は桶狭間古戦場は、ここ名古屋だけでなく、お隣の豊明市にもあります。

 

次回は豊明市の「史蹟桶狭間古戦場」の記事を書きたいと思います。

 

 

    by めりい

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 愛知 | 00:00 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP