大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
円通寺 彰義隊の墓

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

また彰義隊士の墓があります。

彰義隊士の墓



慶応四年(1868)五月十五日上野の山内にて戦死した、彰義隊の遺体は「賊軍」がゆえ、戦場に散乱放置したままで在ったのを、当寺二十三世「大禅佛磨大和尚」が、上野の山に出向き、斬首覚悟で供養していた。勿論、官軍に拘束されるが、幸いにも当寺に埋葬供養を許すという官許をいただけた。
これが、逆に明治時代に唯一「賊軍」の法要が、おおっぴらに出来る寺として、旧幕臣の信仰を集める結果となった。
「彰義隊戦死者」は義商「三河屋幸三郎」の助力をえて、現在の西郷銅像の後方にて火葬(現在でも記念碑があるが、火葬場所で墓では無い)
遺骸266体を当寺に埋葬する。(円通寺サイトより)
 

 

IMG_1114 彰義隊士の墓

死節之墓


彰義隊の供養に尽力した三河屋幸三郎が向島の別荘に秘そかに立てて、鳥羽、伏見、函館、会津などの各藩士の戦死者の氏名を彫って供養をしていたが、当寺に移築されたもの。
やはり賊軍にて、おおぴらな供養が当時は出来なかった為と思われる。しかし官許のある当寺に移築する事により、彰義隊と合わせて供養が出来ることになった。

土方歳三、近藤勇、など九十七の名前と「神木隊二十八名」と彫ってある。(円通寺サイトより)

三河屋幸三郎の墓


文政6年生まれ。江戸神田の雑貨商。横浜での貿易で巨富をえる。上野戦争のあと,放置されていた彰義隊の戦死者を千住三ノ輪の円通寺に埋葬。三幸の通称で,侠商として旧幕臣らにしたわれた。明治22年5月5日死去。67歳。伊豆(いず)八丈島(東京都)出身。姓は浅岡。 (コトバンクより)
三幸、又は親分檀家などと呼ばれた、侠骨の義商。当寺に彰義隊士の遺骨を埋葬する際、金銭、人的に助力した、その後も法事の施主となるなど、旧幕臣の戦死者の供養に尽力した。「死節之墓」は三河屋の別宅に在った物。(円通寺サイトより)

大鳥圭介の墓



江戸末期〜明治初期の軍人,政治家,外交官。播磨(はりま)赤穂の医師の家に生まれ,緒方洪庵の適々斎塾を経て,江川太郎左衛門に師事。江川の推薦を得て幕臣となり,戊辰戦争では榎本武揚に従う。明治政府出仕後は開拓使御用掛,工部大学長,学習院長,華族女学校長などを歴任,1889年特命全権公使として清国に渡り,日清戦争前夜の外交工作を画策。(コトバンクより)

松平太郎の墓


旧幕臣・陸軍奉行、榎本武揚らと函館を占領した。
蝦夷島「副総裁」に選出される。(総裁は榎本武揚)
西洋かぶれと目される榎本・大鳥に反感をもっていた幕臣の票が集まった為と思われる。

土方歳三らと「一本木」にて交戦するが敗走し五稜郭に戻る。

最後まで抵抗を主張するが榎本に説得され降伏する。
のち、静岡に隠遁して余生を送る。(円通寺サイトより)

小芝長之助
IMG_1132 小芝長之助

将軍家御庭番を務めていたが、戊辰戦争が勃発し、慶応4年(1868年)4月11日に江戸城の無血開城が決定すると、憤激のあまり城内に放火して脱走した過激派。
榎本武揚艦隊の蝦夷地渡航に同行し、箱館政権(蝦夷共和国)下では探索役主任と陸軍奉行並土方歳三の管轄である箱館市中取締役を兼任。
土方の戦死の知らせを聞いて、本営五稜郭より一本木関門まで遺体を引き取りに行った。
箱館戦争降伏後、松江藩預かりとなり、明治4年(1871年)4月に赦免。晩年、東京三ノ輪円通寺の墓守として生活していた。
大正元年(1912年)頃、日野の土方家を突然訪れ、土方歳三の位牌を目の前にして泣き崩れたと言う。その4年後、死去。享年88。(Wikipediaより)

新門辰五郎の碑
IMG_1129 新門辰五郎

幕末維新期の侠客。江戸町火消しの元締。本名町田辰五郎。錺職人の子として下谷に生まれ,上野輪王寺の寺僧町田仁右衛門の養子になる。鳶人足から人足頭,町火消十番組の頭になり,浅草寺の門番も勤める。江戸の火消しには幕府の定火消し,大名火消し,裕福な町衆が金を出しあって雇う町火消しの別があり,町火消しは下位に立たされていたが,辰五郎は浅草の香具師,大道芸人などから入る金を背景に勇み肌の男たちを十番組に配し,柳川藩の大名火消し相手の喧嘩で18名を死傷させて勇名をはせ,この罪で江戸所払になる。夜な夜な妻妾のところに戻るのが露見して捕まり,拷問されたが屈せず佃島人足寄場に送られる。弘化3(1846)年の本郷丸山火事で佃島に火が入ると,囚人を小金井小次郎らと指揮して消火に貢献,赦免される。 娘が将軍徳川慶喜の妾になっている縁で慶応年間(1865〜68),子分300人を連れて将軍警備で京都に行く。京都では河原町,大坂では堂島に居を構え,妾も置いて,将軍お抱えの江戸の親分として羽振りをきかせた。鳥羽伏見の戦に敗れて開陽丸で江戸に敗走する慶喜から,大坂城に忘れてきた馬印の大金扇を取ってくることを命じられ,これを持って子分と共に陸路東海道を江戸に着いた。慶喜が水戸に謹慎になった際,2万両の甲州金を輸送し,徳川家の駿府(静岡県)移住にも付き従い,最後まで佐幕派の義理を守った。浅草の自宅で没。


余談ですが・・・1963年3月に発生しした吉展ちゃん誘拐殺人事件の被害者の遺体発見現場となったことでも知られ、敷地内に被害者の慰霊地蔵・よしのぶ地蔵があります。

IMG_1113 よしのぶ地蔵


一方、昭和13年、上野公園の寛永寺総門の黒門跡に、蜀山人の歌碑が建てられました。

 

| 東京 | 15:47 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
円通寺 寛永寺から移築した黒門

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 


東京都荒川区南千住の円通寺
 

 



寺伝によれば、延暦10年(791年)、坂上田村麻呂によって開かれたと伝えられています。

巨大な観音像


 

 



明治維新の折、慶応4年(1868年)の戊辰戦争(上野戦争)で亡くなった彰義隊の隊員を現在上野公園の西郷隆盛像があるあたりで、当寺の住職が火葬を行いました。
 

 

IMG_1145 円通寺

そのため、当寺には火葬を行った場所の近くにあった上野寛永寺の総門(黒門)が移築され、彰義隊士の墓もあります。

黒門

IMG_1107 黒門

慶応4年(1868年)5月15日上野東台に於て、彰義隊と官軍の激戦が展開され、その中心地に建っていたのが、この黒門です。
明治40年10月、帝室博物館より特に当寺に下賜せられたもの。
 

 

IMG_1108 黒門

弾痕が激戦を物語っています。
 

 


 

 



 

by しずか

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

| 東京 | 22:29 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP
西郷隆盛像と寛永寺

JUGEMテーマ:大河ドラマ

10月7日 第37回「江戸無血開城」が一週間遅れで放送されました。

 

吉之助は、三人に会いました。

 

天璋院からは「徳川を滅ぼさないでほしい」と頼まれました。

薩摩藩邸で勝からは「抵抗はしないので、江戸城を攻めないでほしい」

寛永寺で将軍:慶喜に面会して慶喜からは「戦わなかったのは、外国から日本を守るためだ」

 

西郷は、戦わずして江戸幕府を終わらせようと心に決めましたが戊辰戦争が起こってしまいます。

 

西郷が将軍:慶喜に面会した寛永寺は、3代家光の時(寛永2、1625年)に建立されました。
徳川家の菩提寺として増上寺とともに発展していき、最盛期の江戸時代後期には、上野公園のほぼ全域が境内となるくらい広大なものでした。

上野の山は、幕末の1868年(慶応4)の彰義隊と政府軍との戦いの場となり、幕府軍の敗北で終わり、主な建物は焼失してしまいました。

幕府軍の最高責任者の徳川慶喜が蟄居していた部屋が今でも保存されています。
明治維新後、境内は没収され公園用地となり寺は廃止状態におちぶれてしまいました。1875(明治6)年に本堂が復興されましたが、寺の規模は大幅に縮小されてしまいました。

 

寛永寺表門

 

 
根本中堂

 
彰義隊墓

 


 

上野公園 西郷隆盛像

 

 

 

 

 

 

| 東京 | 13:39 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
勝海舟ゆかりの四合(しあわせ)稲荷

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

六本木一丁目で下車し、ビルの合間を通り抜けて行くと、緑に囲まれた森に赤坂の氷川神社あります。





元禄の頃、この地は、忠臣蔵・浅野内匠頭の夫人 瑤泉院の実家である浅野土佐守邸跡で、大石内蔵助が討ち入り前に訪れて別れを告げたといわれています。

内匠頭切腹後、瑤泉院はここに預けられていました。

「雪の別れ」で有名な南部坂が近くにあります。
 
氷川神社社殿




この社殿は、本殿・幣殿・拝殿の三つの建物が一体となった、いわゆる権現造の形式です。

江戸幕府の第8代将軍である徳川吉宗によって享保15年(1730年)に建てられました。
吉宗は『享保の改革』と呼ばれる倹約政策をとったことで有名で、社殿にも当時の質実簡素な気風を見ることが出来ます。
通常は将軍の寄進するような社寺であれば、軒下の組物を何重にも重ねたりするのですが、この社殿の組物は簡素で、彫刻も目立ちません。
しかしただ簡素なだけではなく、大きな雲形組物や吹寄せ垂木など軽快な意匠を取り入れる工夫も見られます。
また全体は朱漆塗としながら、部分的に黒漆塗や黒色金具を用いることで引き締まった印象となっています。  
     平成22年(2010年)3月 東京都教育委員会 
 
氷川神社の境内に
勝海舟四合(しあわせ)稲荷名付けたという神社があります。
 


明治31年(1898年)、古呂故稲荷・地頭稲荷・本氷川稲荷・玉川稲荷の四社が合祀されています。
 


四合稲荷神社 御祭神: 宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

1.古呂故(ころこ)稲荷 : 赤坂一ツ木二番地、古呂故天神社境内に鎮座
2.地頭(じぬし)稲荷 : 氷川神社遷座以前より拠の地に鎮座
3.本(もと)氷川稲荷 : 本氷川神社隣接、別当盛徳寺の地内に鎮座
4.玉川(たまがわ)稲荷 : 赤坂門外の御堀端、現弁慶橋のあたりに鎮座
以上の四社を明治31年遷座合祀し、幕末より赤坂在住の勝海舟により、『四合(しあわせ)稲荷』と称えられた。 大正14年に、鈴降(すずふり)稲荷神社(赤坂一ツ木町に鎮座)、及び縁起(えんぎ)稲荷神社(赤坂丹後坂下に鎮座)の二社を、 また昭和9年に明徳(めいとく)稲荷神社(赤坂新町に鎮座)を遷座合祀し、現在に至っている。 勝海舟筆の「四合稲荷社」という扁額も現存する。
(案内板より)

 

 

by しずか

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

| 東京 | 11:12 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
勝海舟生誕の地〜東京都墨田区

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

東京都内を流れる隅田川。そのほとりに、勝海舟の像が建っています。

 

 

 

 

勝海舟は文政6年(1823)旗本・勝小吉の長男として江戸本所(東京都墨田区)に生まれました。
旗本とはいうものの、下級武士であるため、貧しい少年時代を過ごしたといいます。 


両国公園の一角に生誕の地の碑が建っています。
勝海舟生誕の地の碑


しかし貧しい少年時代でありながらも、島田虎之助に直心影流の剣術を学び、また永井青崖に弟子入りして蘭学を学びました。

神社の境内で夜通し剣術の稽古をしたという牛嶋神社跡

 


剣の師匠の勧めで禅修行にも励んだという弘福寺



万延元年(1860)勝海舟は、福沢諭吉らとともに、幕府の軍艦でアメリカに渡航するというチャンスに恵まれます。
アメリカで見たすべての事は大きな驚きであったでしょうし、大きな収穫もあった事でしょう。


その後は幕府の中で、広い視野を持つ開明派として活躍し、江戸城無血開城という大きな功績を残しました。

 

 

 


 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

| 東京 | 00:00 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
豪徳寺の井伊直弼の墓

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 


世田谷区豪徳寺にある豪徳寺は、曹洞宗の寺院で、招き猫発祥の地とされています。
文明12年(1480年)、世田谷城主・吉良政忠が伯母・弘徳院のために建立した「弘徳院」が前身とされています。
当初は臨済宗に属していましたが、天正12年(1584年)曹洞宗に転じました。



寛永10年(1633年)彦根藩主・井伊直孝が井伊氏の菩提寺として伽藍を創建し整備しました。
寺号は直孝の戒名である「久昌院殿豪徳天英居士」によるものです。



仏殿


本堂


梵鐘


三重塔


井伊直孝が猫により門内に招き入れられ、雷雨を避け、和尚の法談を聞くことができたという伝説があり、
招き猫が祀られています。







このネコちゃんたちが、あのひこにゃんのモデルなんですってね!





絵馬

 

境内に、井伊家の墓所があり、その一角に井伊直弼の墓があります。


国指定史跡

彦根藩主井伊家墓所
豪徳寺井伊家墓所

井伊家は遠江国とうとうみのくに井伊谷いいのやを中心に勢力を持った武士で、戦国期には今川氏の配下にあった。
井伊家24世とされる直政は天正3年(1575)、15歳で徳川家康に仕え、慶長5年(1600)の関ヶ原合戦においては、自ら先鋒を務め東軍の勝利に貢献した。
合戦後、直政は近江国などに18万石を与えられ、初代藩主として彦根藩の礎を築いた。
続く2代直孝なおたかも大坂夏の陣で功績をあげ、近江国、下野国、武蔵国世田谷にあわせて30万石を有する譜代大名の筆頭格となった。
以後、幕末までこの家格は堅持され、藩主は江戸城溜間たまりのまに控えて将軍に近侍し、時には大老職に就き幕府政治に参与した。
寛永10年(1633)頃、世田谷が井伊家所領となったのを機に、領内の弘徳院が菩提寺に取り立てられた。
直孝の没後には、その法号「久昌院殿豪徳天英大居士」にちなみ豪徳寺と寺号を改め、以後、井伊家墓所として、江戸で亡くなった藩主や家族がここに葬られた。
墓所の北西角には、豪徳寺中興開基の直孝墓が位置し、そこから南西に直進したところに幕末の大老、13代直弼(宗観院殿)墓がある。
直弼墓に至る参道沿いには、藩主や藩主正室らの墓石が整然と並び、豪徳寺の伽藍造営に貢献した亀姫(掃雲院殿・直孝長女)墓がその中央西側に位置している。

墓所内で最も古い墓は、直時なおとき(広度院殿・直孝四男)のもので、万治元年(1658)に建てられた。
 

| 東京 | 10:03 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
桜田門外の変

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

桜田門は、江戸城(現在の皇居)の内堀に造られた桜田堀と凱旋堀の間にある門です。



昭和36年(1961年)に「旧江戸城外桜田門」として国の重要文化財(建造物)に指定されました。



江戸城には内桜田門と外桜田門の2つがあり、前者は桔梗門とも呼ばれ、単に「桜田門」という場合には後者を指すことが多いそうです。



安政7年3月3日(1860年3月24日)にこの門の近くで、水戸藩からの脱藩者17名と薩摩藩士1名が彦根藩の行列を襲撃、大老・井伊直弼を暗殺した事件、世にいう「桜田門外の変」が起きました。

直弼が天皇の許可を得ないで外国と通商条約を締結、「安政の大獄」で吉田松陰ら尊王派を弾圧、水戸の徳川斉昭に謹慎を命じたことなどが事件の背景にあります。

当時の井伊邸は、現在「憲政記念館」の建っている辺りにあり、桜田門から西に500メートルほどの所にありました。

憲政記念館

(憲政記念館の画像 Wikipediaより)



旧江戸城 外桜田門
 現在この門は桜田門と呼ばれますが、正式には外桜田門といい、本丸に近い内桜田門(桔梗門)に対してこの名が付けられました。古くこの辺りを桜田郷(さくらだごう)と呼んでいたことに由来します。
 外側の高麗門(こうらいもん)と内側の渡櫓門(わたりやぐらもん)の二重構造からなり、外桝形(そとますがた)という防御性の高い城門で、西の丸防備のため異例の大きさで造られました(320坪)。建築されたのは寛永年間(1624〜44)とされ、現存する門は寛文3年(1663)に再建された門がもとになっています。大正12年(1923)の関東大震災で破損し、復元されました。
 万延元年(1860)3月3日、この門外で大老井伊直弼が水戸藩脱藩士に暗殺されました(桜田門外の変)。

桜田門は、外側の高麗門と内側の渡櫓門の二重構造になっています。

高麗門の外側


高麗門の内側


渡櫓門


城内から見た渡櫓門




昭和7年(1932年)には昭和天皇の暗殺未遂事件(桜田門事件)が起き、数々の歴史の舞台となっています。



by shizuka



お城・史跡 ブログランキングへ

| 東京 | 00:56 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
井伊直弼(彦根藩)の上屋敷跡・憲政記念館

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

国会議事堂に隣接する国会前庭内に建つ憲政記念館は、1960年に建てられた尾崎行雄(衆議院名誉議員)を記念する「尾崎記念会館」を母体に、1970年(昭和45)日本における議会政治80周年を記念して設立され、1972年(昭和47)に開館しました。

国会議事堂

 



憲政記念館


江戸時代の初めには加藤清正が屋敷を建て、その後大老職を務めた井伊直弼(彦根藩)の上屋敷になり、明治時代になってからは参謀本部・陸軍省がおかれました。

 





その頃の石灯籠が残されています。



時計塔


尾崎記念会館(現・憲政記念館)建設時に、その施設の一環として、塔前面の噴水池・花壇とともに設計され、1960年7月に完成。三面塔星型は、立法・行政・司法の三権分立を象徴したもの。

ここから桜田門が見えます。

 

by shizuka



お城・史跡 ブログランキングへ

| 東京 | 08:37 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP
男のあこがれ磯田屋

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

3月18日大河ドラマ「斉彬暗殺」

斉彬の子供「虎寿丸」が亡くなり、斉彬も病に倒れる。あまりに不吉なことが連続して起こるので吉之助は、斉興と由羅が食事に毒をもっているのではないかと疑いをもって斉興邸に乗り込みました。

 

 

今週の「週刊西郷どん」(NHK西郷どんコーナーの中にあります)は、

美人の看板娘がいる磯田屋です。

 

磯田屋は、海からも入れるように、中央に池が配してあって、池の上にシャンデリアが妖艶な光を放っています。

 

そして、ここでなにが起ころうと「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿がいます。

 

 

磯田屋のべっぴん看板娘:ふき(高梨臨さん)とタマ(田中道子さん)がいます。

 

 

3月11日号週刊西郷どんには、この豪華な磯田屋のセットが360度で見れます

 

 

 

 

| 東京 | 12:45 | comments(6) | - |- pookmark↑PAGE TOP
品川宿

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

11日の大河ドラマは、「篤姫はどこえ」でした。

 

密偵となった吉之助は、ヒー様の正体を調べるために品川宿の磯田屋にゆきました。

もう一つの話は、篤姫の教育係として幾島(南野陽子さん)の登場です。

 

 

品川宿は

江戸から始まる東海道の最初の宿場町で、海岸線が近いため港が栄え、遊興の場でもありました。近くには、薩摩藩邸があって、藩士や吉之助も通ったと思われます。ヒー様も船で通っていたようです。

京浜急行:北品川下車すぐです。

 

 

週刊西郷どん(Vol.10)では、品川宿:磯田屋のセットが360度で見れます。昔の宿の雰囲気がそのまま伝わってくるほどのセットです。ぜひ一度ご覧になってください。

 

 

 

| 東京 | 13:28 | comments(6) | - |- pookmark↑PAGE TOP