<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

曹渓寺の真田信之の供養塔

[ 東京 ]

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

港区南麻布の曹渓寺は、元和9年(1623年)に創建され、承応2年(1654年)に赤坂から現在地に移転しました。
 


 


 



曹渓寺には、真田信之の供養塔と、信之の長男で、沼田藩2代藩主・真田信吉の正室・松仙院の墓があります。

真田信之の供養塔


 


 


 



信吉の母は清音院殿(真田信綱の娘)

松仙院は、酒井忠世の次女で、信吉との間に、長男の熊之助と次男の信利を儲けました。

しかし、松仙院は寛永11年(1634)に信吉を、寛永15年(1638)年には熊之助を相次いで亡くし、酒井氏の菩提寺である曹渓寺に信之の供養塔を建てたそうです。

松仙院の墓


 



また、赤穂浪士の一人である寺坂信行が、討ち入りから20年後の享保年間(1723年頃)に本寺の寺男を務め、当寺を介して、当寺を墓所とする旗本の山内氏(山内豊清)に縁を得て仕官し、士籍を得たそうで、寺坂の墓も当寺にあります。

 

 

2016.12.30 Friday 00:23 | comments(3) | - | 

江戸城 真田濠

[ 東京 ]
JUGEMテーマ:大河ドラマ
江戸城外濠に真田濠(さなだぼり)と名付けられた濠があります。場所は、JR四谷駅南側で、現在上智大学のグラウンドとして使われているところです。
 
徳川三代将軍家光の時代:1636(嘉永13)年に完成した江戸城外濠(延長14K)、その中での江戸城防御の最適の高台がこの真田濠の場所であったと想像されます。そこに、幅90m、深さ14m、長さ1kの濠を開削しました。真田濠の建設を担当したのは、信州松代藩主真田信之[真田昌幸(大河ドラマ役:草刈り正雄)の長男(信繁の兄 大泉洋役)]です。大阪城の真田丸を築いた場所と地形が似ています。外濠造りには、仙台の伊達政宗や米沢の上杉定勝(景勝の息子)など名だたる大名が参加していたようですが、名前がつけられた濠はここだけです。
江戸時代の真田濠は蓮華の花が咲き誇る景勝地でした。
 
真田家は、関ヶ原合戦で父:昌幸と次男:信繁(幸村)は、豊臣方につき、長男:信之は、徳川側につきました。徳川方が勝利したため、信之は、松代藩10万石を与えられ、徳川家康、秀忠、家光、家綱と徳川4代に仕え、戦国時代最後の大名として、1658万治1年に死去しました。享年93歳

 
真田濠 
上智大学グラウンドとして使われています。

 


右:真田濠土手(濠をほった土で造った土手)
左:上智大学
(写真は2014年撮影)
今年の桜は、今から4月上旬が見頃だろうと思われます。



 
土手の上(映画ロケ地 デートスポットです)


 
真田濠の桜並木は、江戸時代からあったのではなく、1959(昭和34)年、上智大学の学生が卒業記念として土手の中腹に60本の苗木を植えたのが始まりで、その後、大学に隣接する料亭・福田家が土手の頂上に100本を植え、現在の桜並木に成長しました。


 
真田濠全景
上智大学グラウンドとして使われており、手前から野球場、ラグビー・サッカー場、テニスコートがあります。グラウンドの一番奥がJR四ツ谷駅です。



 
真田濠は、戦災瓦礫の廃棄場となり、埋め立てられました。戦後財政難の東京都は、真田濠の瓦礫処理費用の提供者に20年間無償供与するとして、上智大学がその条件を了承し、上智大学のグランドとして使用しています。2009(平成21)年の再契約で、2028年まで延長されています。

 
真田濠の場所は こちら


 
ダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤ
お城・史跡 ブログランキングへ
スペードハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペードクローバーハートダイヤスペード
2016.03.25 Friday 03:32 | comments(6) | - | 

東京の乃木神社(1)

[ 東京 ]
JUGEMテーマ:大河ドラマ

東京都港区赤坂八丁目にある乃木神社を参拝しました。

乃木坂


乃木坂の由来

江戸時代は、幽霊坂と呼ばれていましたが、乃木大将が殉死された大正元年9月以来、「乃木坂」と改名されました。


乃木神社は、乃木希典が明治天皇に殉じて自決した後、大正12年(1923)11月1日創建されました。



昭和20年(1945)5月25日未明の空襲により本殿以下社殿を焼失しましたが、戦後全国の崇敬者の熱意により、昭和37年(1962)9月13日本殿・幣殿・拝殿が復興されました。





拝殿






境内社の正松神社は、乃木が師事した玉木文之進と、その甥の吉田松陰を祀っています。



乃木神社戦災復興の際、萩の松陰神社から二柱の分霊を請い受け、境内に摂社として鎮守されました。昭和38年創立。





教育の碑




境内社の赤坂王子稲荷神社は、乃木夫妻が崇敬していた王子稲荷神社を勧請して昭和37年に創立されました。





by shizuka



お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m
 
2015.10.30 Friday 00:00 | comments(4) | - | 

勝興寺(東京)

[ 東京 ]
JUGEMテーマ:大河ドラマ

東京四谷にある勝興寺は、死罪執行の首切り人で「首切り浅右衛門」といわれた山田浅右衛門ゆかりの寺です。





本堂の左右に6代目山田浅右衛門吉昌(よしまさ)が寄進した天水桶があります。



側面に山田朝右衛門吉昌の文字が読み取れます。



「浅」が「朝」になっていますが、6代目は「朝」で書かれることが多いそうです。

また、墓地のすぐ入り口に、7代目山田浅右衛門吉利(よしとし)の墓があります。



この吉利という方が、吉田松陰や橋本左内の処刑を執行した人です。



明治15年、斬首刑が廃止されると、山田浅右衛門一族は没落していったと。

日本で最後の斬首刑となったのが、強盗殺人の罪で死罪となった高橋お伝でした。

山田 浅右衛門(やまだ あさえもん)は、江戸時代に御様御用(おためしごよう)という刀剣の試し斬り役を務めていた山田家の当主が代々名乗った名称。ただし、歴代当主には「朝右衛門」を名乗った人物もいる。死刑執行人も兼ね、首切り浅右衛門、人斬り浅右衛門とも呼ばれた。
山田浅右衛門家は旗本や御家人ではない、浪人の立場であった。
山田浅右衛門家は多くの弟子を取り、当主が役目を果たせない時には弟子が代行した。また当主に男子がいてもこれを跡継ぎとせず、弟子の中から腕の立つ者を跡継ぎに選んだ。前述の通り技術が要求されたからであるが、同時に罪人の首を斬る仕事を実子に継がせることへの嫌悪があったともいう。歴代の山田浅右衛門家で実子を跡継ぎにしたのは山田浅右衛門吉時、山田浅右衛門吉豊のみである。

浅右衛門家は浪人の身であり、幕府からの決まった知行を受け取ることはなかった。しかし様々な収入源があり、たいへん裕福であった。最大の収入源は「死体」であった。処刑された罪人の死体は、山田浅右衛門家が拝領することを許された。これら死体は、主に刀の試し斬りとして用いられた。当時の日本では、刀の切れ味を試すには人間で試すのが一番であるという常識があった。戦国時代はともかく平和な江戸時代においては、江戸市中においての試し斬りの手段としては、浅右衛門に依頼するのが唯一の手段であった。罪人の数が、試し斬りの依頼のあった刀の本数にはとうてい追いつかないため、斬った死体を何度も縫い直して、1人の死体で何振りもの刀の試し斬りを行った。浅右衛門自身による試し斬りに限らず、自ら試し斬りを行う武士に対して、死体を売却することもあった。

さらに副収入として、山田浅右衛門家は人間の肝臓や脳や胆嚢や胆汁等を原料とし、労咳に効くといわれる丸薬を製造していた。これらは山田丸・浅右衛門丸・人胆丸・仁胆・浅山丸の名で販売され、山田浅右衛門家は莫大な収入を得ていた。また、遊女の約束用として死体の小指を売却することもあったという。
(Wikipediaより抜粋)

by shizuka



お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m
 
2015.05.20 Wednesday 15:25 | comments(4) | - | 

回向院と靖国神社

[ 東京 ]
JUGEMテーマ:大河ドラマ

南千住の回向院には、桜田門外の変で処刑された水戸藩士たちの墓、滝本いのの顕彰碑、坂下門外の変で処刑された志士たちの墓があります。





左側が桜田門外の変、右側が坂下門外の変で亡くなった志士の墓

その奥に吉田松陰の墓があります。



ここで、水戸藩士の紹介を。

関 鉄之介

幕末の勤王志士で、水戸藩士。桜田門外の変における実行部隊の指揮者で、桜田十八士の一人。
水戸藩士・関新兵衛昌克の子として、水戸上町馬喰町片町に生まれた。弘道館で学び、水戸学の影響を受けて尊王攘夷運動に乗り出した。安政2年(1855年)、北郡奉行所与力となり、翌安政3年(1856年)2月、郡奉行・高橋多一郎に認められて北郡務方に抜擢され、大子郷校の建設と農兵の組織を行いながら、水戸藩改革派の拡大を進めた。
安政5年(1858年)10月、高橋の指示により大老・井伊直弼に対する諸藩の決起を促すため、鉄之介は矢野長九郎らと共に越前藩・鳥取藩・長州藩へ遊説に赴く。しかし、安政の大獄による尊王攘夷派志士に対する弾圧が行われはじめていたため、十分な成果を挙げられずに江戸へ戻った。安政の大獄が更に進行すると、高橋多一郎・金子孫二郎らを中心とした直弼の暗殺計画に参加する。
安政7年3月3日(1860年3月24日)、桜田門外の変で実行隊長として襲撃を指揮し、直弼を暗殺した。その後、薩摩藩などを頼って近畿・四国方面の各地を逃げ回ったが、受け入れられず水戸藩領へ向かい、文久元年7月9日(1861年8月14日)に袋田(現在の久慈郡大子町)に入って、桜岡家にかくまわれた。しかしそれでも危険が迫り、水戸藩領内を転々と潜伏した後、越後へと逃れたが、湯沢温泉(現在の岩船郡関川村)で捕らえられた。
水戸で投獄された後、江戸送りとなって、文久2年5月11日(1862年6月8日)に日本橋小伝馬町の牢において斬首された。享年39。(Wikipediaより抜粋)

関鉄之介の愛人・滝本いのは、元吉原・谷本楼の遊女であり、鉄之介の潜伏の手助けをしたため、逃亡先を問われ、「鞭打ち」や「石抱き」という拷問にあった後、伝馬町牢屋敷にて獄死しました。

ところ変わって・・・

東京都千代田区九段北の靖国神社は、幕末から明治維新にかけて功のあった志士、1853年(嘉永6年)のペリー来航以降の日本の国内外の事変・戦争等、国事に殉じた軍人、軍属等の戦没者を「英霊」と称して祀っています。



幕末の志士である吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作、中岡慎太郎、武市半平太、橋本左内、大村益次郎等も維新殉難者として合祀されています。

本殿脇に建つ元宮は、桜田門外の変、坂下門外の変の殉難者や、安政の大獄で処刑された吉田松陰
橋本左内などの維新殉難者の霊を祀るため京都でつくられた小祠を1931年(昭和6年)に靖国神社に移祠したもの。
靖国神社の前身との意味から「元宮」と称されています。

そこで、元宮に参拝しようとしたのですが・・・
昨年の火付けにより、いまだに参拝中止になっているそうで、閉められた門の隙間から覗いてみました。



この奥に元宮があります。
そして金子孫二郎や高橋 多一郎らの水戸藩士も合祀されています。

金子孫二郎
水戸藩士。徳川斉昭の藩主擁立につくし、尊攘派として活動。井伊直弼暗殺計画の首領となり、安政7年(1860)直弼暗殺後、京都をめざしたが伊勢(三重県)四日市で捕らえられ、文久元年7月26日処刑された。58歳。(コトバンクより)
靖国神社合祀。

高橋 多一郎
水戸藩士。奥右筆頭取、小姓頭などをつとめる。鹿児島藩士らと大老井伊直弼襲撃、大坂挙兵を計画。挙行に先立って大坂にゆくが、桜田門外の変後、幕吏に発見され,万延元年3月23日子の庄左衛門とともに四天王寺で自殺した。(コトバンクより)靖国神社合祀。

by shizuka



お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m
2015.05.15 Friday 14:29 | comments(8) | - | 

桜田烈士愛宕山遺跡碑

[ 東京 ]
JUGEMテーマ:大河ドラマ

東京都港区の愛宕神社は、1603年、慶長8年、江戸に幕府を設く徳川家康の命により江戸の防火の神様として祀られました。

慶長15年、庚戊本社をはじめ、末社仁王門、坂下総門、別当所等将軍家の寄進により、建立されますが、その後江戸大火災で全焼し、明治19年に本殿、幣殿拝殿、社務所が再建されました。
大正12年9月1日、関東大震災、昭和20年5月24日帝都大空襲により太郎坊神社を残し社殿は焼失しましたが、昭和33年9月、氏子中の寄付により、御本殿、幣殿、拝殿などが再建され、現在に至ります。

また「天下取りの神」「勝利の神」としても知られ、各藩の者たちは地元へ祭神の分霊を持ち帰り、各地で愛宕神社を祀りました。

桜田門外の変で、井伊直弼を襲った水戸藩の浪士達もここで成功を祈願してから江戸城へ向かったとされています。

境内には、「桜田烈士愛宕山遺跡碑」があります。



裏面には桜田門外の変の概要と桜田18烈士の名が書かれています。



桜田18烈士 
関鉄之介、岡部三十郎忠吉、稲田重蔵正辰、山口辰之介正、鯉淵要人珍陳、広岡子之次郎則頼、黒澤忠三郎勝算、斎藤監物一徳、佐野竹之助光明、大関和七郎増美、森五六郎直長、蓮田市五郎正実、森山繁之介政徳、海後磋磯之介、杉山弥一郎当人、広木松之介有良、増子金八、有村次左衛門

狂歌合長者園撰の碑


出世の石段(男坂)


曲垣平九郎の故事にちなみ「出世の石段」と呼ばれる急な石段です。



曲垣平九郎は、江戸初期の馬術家で、高松藩士のとき、将軍徳川家光の命で、愛宕山上の梅花を折りに乗馬のまま石段を上下したといいます。

女坂


正面を向かって右側の階段が「女坂」です。

私はこれらの階段は利用せず、愛宕山エレベーターを利用しました(^_^;)

丹塗りの門


ほおずき市の時には、茅の輪が設置され、これをくぐると災いを避けられるといいます。

社殿


主祭神「火産霊命(ほむすびのみこと)」を祀る社殿。

愛宕神社御由緒

当社は徳川家康公が江戸に幕府を開くにあたり江戸の防火・防災の守り神として将軍の命を受け創建されました。幕府の崇篤くご社殿を始め仁王門、坂下総門等を寄進され、祭礼等でもその都度下附金の拝領を得ておりました。また、徳川家康公のご持仏「勝軍地蔵菩薩」(行基作)も特別に祀られております。(非公開)
江戸大火災、関東大震災、東京大空襲の度に焼失しましたが現存のご社殿は昭和33年再建されました。寛永11年3代将軍家光公の御前にて、四国丸亀藩の曲垣平九郎盛澄が騎馬にて正面男坂(86段)を駆け上がり、お社に国家安寧の祈願をし、その後境内に咲き誇る源平の梅を手折り将軍に献上した事から日本一の馬術の名人として名を馳せ 「出世の石段」 の名も全国に広まりました。万延元年には水戸の浪士がご神前にて祈念の後、桜田門へ出向き大老井伊直弼を討ちその目的を果たした世に言う 「桜田門外の変」 の集合場所でもありました。
(ご社殿内に額縁寄贈)
海抜26メートルは都内随一の高さを誇り、桜を見晴らしの名所として江戸庶民に愛され数多くの浮世絵にもその姿を残しています。明治元年には勝海舟が西郷隆盛を誘い山上で江戸市中を見回しながら会談し、江戸城無血開城へと導きました。鉄道唱歌にもその名が残り春は桜、夏の蝉しぐれ、秋の紅葉、そして冬景色を四季折々の顔を持つ風光明媚な愛宕山をして大変貴重な存在となっております。
ほおづき市・羽子板市は浅草の市の先駆け、発祥の地をして江戸時代の書 「東都歳時記」 にもその賑わいは記され現在は6月の千日詣り、羽子板絵馬にその名残をとどめています。
伊勢へ七度 熊野へ三度 芝の愛宕へ月まいり(案内板より)

招き石


この石をなでると福が身につくといいます。

愛宕神社がある愛宕山は標高25.7メートル。
出世階段を登り切った右手には、三角点があり、天然の山としては23区内で一番の高さだといいます。 現在のように高層ビルが建ち並ぶ前の江戸時代には、見晴らしの名所として、見物客で賑わい、山頂から東京湾や房総半島までを見渡すことができと言われています。



愛宕山

愛宕山は洪積層の丘陵地で、標高は26メートルである。頂上に愛宕神社がまつられ、江戸時代から信仰と見晴らしの名所としてにぎわった所である。
愛宕神社の祭神は火の神(火産霊命 ほむすびのみこと)が中心で、江戸時代には幕府の保護もあり、多くの人々から火伏せの神として信仰されてきた。
今日のように周囲に高層ビルが立つまでは、山頂からの眺望がすばらしく、東京湾や房総半島までも望むことができた。
また、愛宕山には、男坂・女坂・新坂などの坂道があり、男坂は神社正面の86段の急勾配の石段で、寛永年間に曲垣平九郎がこの石段を馬で上下したと伝えられる。
           昭和50年12月   東京都港区教育委員会



愛宕神社の池


by shizuka



お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m
2015.05.10 Sunday 15:38 | comments(4) | - | 

桜田門外の変と井伊直弼の墓所

[ 東京 ]
JUGEMテーマ:大河ドラマ

桜田門は、江戸城(現在の皇居)の内堀に造られた桜田堀と凱旋堀の間にある門です。



昭和36年(1961年)に「旧江戸城外桜田門」として国の重要文化財(建造物)に指定されました。



江戸城には内桜田門と外桜田門の2つがあり、前者は桔梗門とも呼ばれ、単に「桜田門」という場合には後者を指すことが多いそうです。



安政7年3月3日(1860年3月24日)にこの門の近くで、水戸藩からの脱藩者17名と薩摩藩士1名が彦根藩の行列を襲撃、大老・井伊直弼を暗殺した事件、世にいう「桜田門外の変」が起きました。

直弼が天皇の許可を得ないで外国と通商条約を締結、「安政の大獄」で吉田松陰ら尊王派を弾圧、水戸の徳川斉昭に謹慎を命じたことなどが事件の背景にあります。

当時の井伊邸は、現在「憲政記念館」の建っている辺りにあり、桜田門から西に500メートルほどの所にありました。

憲政記念館

(憲政記念館の画像 Wikipediaより)



旧江戸城 外桜田門
 現在この門は桜田門と呼ばれますが、正式には外桜田門といい、本丸に近い内桜田門(桔梗門)に対してこの名が付けられました。古くこの辺りを桜田郷(さくらだごう)と呼んでいたことに由来します。
 外側の高麗門(こうらいもん)と内側の渡櫓門(わたりやぐらもん)の二重構造からなり、外桝形(そとますがた)という防御性の高い城門で、西の丸防備のため異例の大きさで造られました(320坪)。建築されたのは寛永年間(1624〜44)とされ、現存する門は寛文3年(1663)に再建された門がもとになっています。大正12年(1923)の関東大震災で破損し、復元されました。
 万延元年(1860)3月3日、この門外で大老井伊直弼が水戸藩脱藩士に暗殺されました(桜田門外の変)。

桜田門は、外側の高麗門と内側の渡櫓門の二重構造になっています。

高麗門の外側


高麗門の内側


渡櫓門


城内から見た渡櫓門




昭和7年(1932年)には昭和天皇の暗殺未遂事件(桜田門事件)が起き、数々の歴史の舞台となっています。



ところ変わって・・・

世田谷区豪徳寺にある豪徳寺は、曹洞宗の寺院で、招き猫発祥の地とされています。
文明12年(1480年)、世田谷城主・吉良政忠が伯母・弘徳院のために建立した「弘徳院」が前身とされています。
当初は臨済宗に属していましたが、天正12年(1584年)曹洞宗に転じました。



寛永10年(1633年)彦根藩主・井伊直孝が井伊氏の菩提寺として伽藍を創建し整備しました。
寺号は直孝の戒名である「久昌院殿豪徳天英居士」によるものです。



仏殿


本堂


梵鐘


三重塔


井伊直孝が猫により門内に招き入れられ、雷雨を避け、和尚の法談を聞くことができたという伝説があり、
招き猫が祀られています。







このネコちゃんたちが、あのひこにゃんのモデルなんですってね!





絵馬


境内に、井伊家の墓所があり、その一角に井伊直弼の墓があります。

国指定史跡

彦根藩主井伊家墓所
豪徳寺井伊家墓所

井伊家は遠江国とうとうみのくに井伊谷いいのやを中心に勢力を持った武士で、戦国期には今川氏の配下にあった。
井伊家24世とされる直政は天正3年(1575)、15歳で徳川家康に仕え、慶長5年(1600)の関ヶ原合戦においては、自ら先鋒を務め東軍の勝利に貢献した。
合戦後、直政は近江国などに18万石を与えられ、初代藩主として彦根藩の礎を築いた。
続く2代直孝なおたかも大坂夏の陣で功績をあげ、近江国、下野国、武蔵国世田谷にあわせて30万石を有する譜代大名の筆頭格となった。
以後、幕末までこの家格は堅持され、藩主は江戸城溜間たまりのまに控えて将軍に近侍し、時には大老職に就き幕府政治に参与した。
寛永10年(1633)頃、世田谷が井伊家所領となったのを機に、領内の弘徳院が菩提寺に取り立てられた。
直孝の没後には、その法号「久昌院殿豪徳天英大居士」にちなみ豪徳寺と寺号を改め、以後、井伊家墓所として、江戸で亡くなった藩主や家族がここに葬られた。
墓所の北西角には、豪徳寺中興開基の直孝墓が位置し、そこから南西に直進したところに幕末の大老、13代直弼(宗観院殿)墓がある。
直弼墓に至る参道沿いには、藩主や藩主正室らの墓石が整然と並び、豪徳寺の伽藍造営に貢献した亀姫(掃雲院殿・直孝長女)墓がその中央西側に位置している。
墓所内で最も古い墓は、直時なおとき(広度院殿・直孝四男)のもので、万治元年(1658)に建てられた。
直孝が没したのは万治2年で、どちらの墓石も唐破風からはふ笠付位牌いはい型で造られている。
以降、豪徳寺に所在する藩主、正室、世子せいし、側室の墓石は、いずれもこの形式で建造された。
また、墓所の北側の一角には、早世した井伊家子息子女らの墓石に混じって、江戸で亡くなった藩士とその家族の墓石も据えられている。
これらを合わせると、墓所に所在する墓石の総数は三百基余になる。
彦根藩主井伊家墓所は、豪徳寺、清涼寺せいりょうじ(滋賀県彦根市)、永源寺えいげんじ(滋賀県東近江市)の三ヶ寺にあり、歴代藩主とその一族の墓が網羅される。
各墓所は、将軍家側近でもあった井伊家の姿を物語り、江戸時代の幕藩体制と大名文化を考える上で欠くことのできない貴重な遺産であるため、一括で「彦根藩主井伊家墓所」として、平成20年3月28日、国史跡に指定された。

世田谷区教育委員会(説明板より)



井伊直弼の墓


都史跡 井伊直弼墓

井伊直弼(1815〜60)は彦根藩主直中の子で、兄を継ぎ藩主となり、ついで安政5年(1858)4月大老になる。
勅許を待たず日米修好通商条約など安政5ヶ国条約に調印。
また13代将軍家定の後継者を慶福(のちの家茂)に決定し、反対派の一橋慶喜らを抑えるという強い政策を実施。
さらに安政の大獄を断行するに及んで、常に暗殺の危機にさらされ、遂に安政7年3月、江戸城外桜田門外において、水戸・薩摩の浪士らに暗殺された。
世田谷郷は井伊家領であり、直弼は豪徳寺に埋葬された。
墓石の高さは342センチ、正面に「宗観院殿正四位上前羽林中郎将剖燃于大居士」とある。

東京都教育委員会(説明板より)

4月下旬、つつじやボタンが見頃でした!(^^)!







by shizuka



お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m
 
2015.05.09 Saturday 11:14 | comments(8) | - | 

回向院(東京)

[ 東京 ]
JUGEMテーマ:大河ドラマ

東京都荒川区南千住五丁目にある回向院は、過去は両国回向院の別院でしたが、現在は独立しています。
正称は豊国山回向院。小塚原回向院とも呼ばれています。







小塚原の刑場跡
1651年(慶安4年)に新設された小塚原(こづかっぱら、こづかはら)刑場での刑死者を供養するため、1667年(寛文7年)に本所回向院の住職弟誉義観(ていよ・ぎかん)が常行堂を創建したことに始まるとされています。
小塚原の刑場は、寛文7年(1667)以前に浅草聖天町辺りから移転してきたといわれています。間口60間(108m)、奥行30間余(54m)、約1,800坪の敷地でした。日光道中に面していましたが周囲は草むらだったといわれ、浅草山谷町と千住宿の間の町並みが途切れている場所に位置していました。
 小塚原の刑場では、火罪・磔・獄門などの刑罰が執り行われるだけでなく、刑死者や行倒れ人等の無縁の死者の埋葬も行われました。時に刑死者の遺体を用いて行われた刀の試し切りや腑分け(解剖)も実施されました。また、徳川家の馬が死んだ後の埋葬地として利用されることもありました。そして回向院下屋敷(現回向院)はこれらの供養を担っていました。
 明治前期には、江戸時代以来の刑場としての機能は漸次廃止、停止され、回向院は顕彰、記念の地となっていきました。また「観臓記念碑」は、杉田玄白や前野良沢らが、ここで腑分けを見学したことをきっかけとして「ターヘルアナトミア」の翻訳に着手し「解体新書」を出版したことを顕彰するため建てられたものです。回向院境内にはこうした数多くの文化財が残っており、刑場の歴史を今に伝えています。 平成20年3月荒川区教育委員会



この寺には、安政の大獄により刑死した吉田松陰をはじめ、橋本左内・頼三樹三郎らの墓があります。



吉田松陰の墓


松陰の遺骸は、桂小五郎(木戸孝允)ら在江戸の門下生の尽力により、獄吏から引き渡しを受け、小塚原回向院に埋葬されました。(現在は空墓)



「松陰二十一回猛士墓」の銘は、久坂玄瑞によるもの。

松陰の遺骸は、文久3年、高杉晋作らより 現在の東京世田谷・松蔭神社に改葬されました。

橋本左内の墓


景岳橋本君碑


頼三樹三郎の墓


「毒婦」といわれた高橋お伝(右)、鼠小僧(左)などの歴史上の有名人物が葬られています。



1771年(明和8年)に蘭学者杉田玄白・中川淳庵・前野良沢らが刑死者の解剖に立ち合ったことを記念した観臓記念碑があります。



戦後の代表的な誘拐事件の通称「吉展ちゃん事件」の犠牲者村越吉展ちゃん(当時4歳)の供養のために建立された「吉展地蔵尊(よしのぶじぞうそん)」がこの寺の入り口にあります。



by shizuka



お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m

 
2015.04.30 Thursday 12:00 | comments(8) | - | 

松陰神社(東京)

[ 東京 ]
JUGEMテーマ:大河ドラマ

東京世田谷区若林にある松陰神社の境内にある松下村塾は、山口県萩の松陰神社境内に保存されている松下村塾を模したものです。



松下村塾

松下村塾は、1842年(天保13年)に吉田松陰の叔父、玉木文之進が自宅で私塾を開き、松下村塾と名付け、ついで松陰の外叔、久保五郎左衛門がその名を継承し、子弟の教育にあたりました。

1857年(安政4年)吉田松陰がこれを引き継ぎ、1858年(安政5年)に松陰が野山獄に再投獄され廃止されました。

久坂玄瑞、高杉晋作、木戸孝允、山縣有朋、品川弥二郎、伊藤博文など多くの逸材を輩出させています。



松陰像

 

松陰神社の境内には、吉田松陰の墓碑をはじめとして、頼三樹三郎、小林民部、来原良蔵、福原乙之進、綿貫次郎輔、中谷正亮、其の他烈士の墓碑があります。

文久三年(1863)正月、高杉晋作伊藤博文らは、松陰の亡骸を千住小塚原回向院よりこの世田谷若林大夫山に改葬。

木戸孝允寄進の鳥居

松陰先生墓域の入口に建てられている鳥居は松陰先生墓所の修復の際、木戸孝允によって奉納されたもの。
「大政一新之歳、木戸大江孝允」と刻まれています。





吉田松陰他烈士墓所


松陰の墓




禁門の変の後、長州征伐の際、幕府によって破壊された松陰墓所を明治元年、木戸孝允等が修復しました。

徳川家奉納の石燈籠


松陰墓所前の葵紋のついた石燈籠(墓前前の内側の一対)と域内の水盤は墓所修復の挙を聞いた徳川氏から謝罪の意を込め奉納されたものです。

by shizuka



お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m


 
2015.04.28 Tuesday 14:33 | comments(6) | - | 

大安楽寺(伝馬町処刑場跡)

[ 東京 ]
JUGEMテーマ:大河ドラマ



十思公園の向かい側には、江戸三十三観音札所の五番目「新高野山 大安楽寺」があります。

幕末、ここには伝馬町牢屋敷の処刑場がありました。






「縁起」によると、吉田松陰など、当地で処刑された勤王の志士の霊を慰め、牢跡を浄地とすることを願って、明治8年お寺が建立されたそうです。






境内には、処刑された人々を供養するために建立された「延命地蔵尊」があります。






安政6年10月27日、吉田松陰はこの地で処刑されました。

松陰は、評定所で死罪を言い渡されても動じず、朗々と声高く辞世を吟じ、刑場に引かれてきても役人たちにお辞儀して「ご苦労様」と声をかけ正座したと伝わります。

公儀介錯人を務めた山田浅右衛門は
「この10月27日に斬った武士の最期が、最も堂々として見事であった」と語り残したそうです。




この歌は、松陰が両親に宛てた書中に添えられていたものです。


親思う心にまさる親ごころ

 けふの音づれ何ときくらん 

 

不思議なことに松陰が処刑された時刻に、母たきは松陰が元気に帰ってきた夢を見たという逸話が残ります。

また父百合之介も不思議な夢を見たといいます。






          by merry






 
お城・史跡 ブログランキングへ

FC2ブログランキング


応援のクリックお願いします。m(__)m








 
2015.04.27 Monday 00:00 | comments(6) | - | 
 | 1 / 9 PAGES | >>