大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
寺田屋殉難九烈士の墓がある大黒寺

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

京都市伏見区に、真言宗の寺院「大黒寺」があります。

 

もとは「長福寺」という寺名でしたが、江戸時代の初めこの近くに伏見薩摩藩邸が置かれ、島津家の守り本尊「出生大黒天」が縁で薩摩藩の祈願所となりました。

瓦には島津氏の家紋もあり、別名「薩摩寺」と呼ばれています。

 

 

 

普段は非公開のお寺なのですが、今年(2018年)は「西郷どん」ゆかりの寺として特別公開がありました。

 

本堂に入ると、そこには煌びやかな須弥壇がありました。・・が、写真はNG

中央の厨子には、弘法大師作と伝わる秘仏「大黒天」が安置されていますが、公開されるのは60年に1回。

次回公開されるのは2044年だそうです。

 

隣の書院には、幕末「西郷隆盛」と「大久保利通」が国事を論じたという部屋がありました。

これも写真NG

特別公開の看板に、その部屋の写真があったので拡大します。

こんな感じの部屋です。

部屋には、その当時からあるという一枚板の大きな座敷机と硯などがありました。

この机を挟んで、西郷と大久保はどんな激論を戦わせたのでしょう?

また隣の部屋との間には「龍」を彫刻した欄間があり、それを西郷が気に入り眺めていたとか、そんな話を伺いました。

 

 

境内の表の庭には「金運清水」

 

その横には「薩摩義士碑」と・・・

 

「壬戌伏見義擧殉難士之墓地」の碑があります。

 

文久2年(1862年・壬戌の年)に、伏見寺田屋で、尊皇攘夷派の先鋒であった薩摩藩士9名が、薩摩藩士の同士討ちに遭うという寺田屋騒動が起こりました。

 

境内の奥には、そのお墓があります。

 

有馬新七ら9名は、寺田屋から近いこの地に埋葬されたのですが、当初は主君の命令に背いたための上意討ちとされ、粗末な土まんじゅうで埋められていたそうです。

 

のち、西郷どんはその死を悼み、仲間のために自ら揮毫してお墓を建立しました。

 

お墓の前には、西郷どんのお手植えと伝わるクスノキが大きく育っていました。

が・・・写真撮り忘れ((+_+))

 

 

 

九烈士のお墓の前には、木曽三川工事の総奉行であった平田靱負のお墓もあります。

木曽川という、遠く離れた他藩の工事でありながらも、幕府の命に抗う事も出来ず、莫大な費用と多大な殉職者を出しながら、平田靱負は工事を完成させました。
しかし工事の完了後すぐに平田靱負は亡くなりました。
切腹したと伝わります。

昭和62年本堂改築の際、南側の地下4mの場所に埋葬されている石棺が発見され、ここに移転して手厚く埋葬されました。

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

| 京都 | 00:00 | comments(0) | - |- pookmark↑PAGE TOP
寺田屋騒動

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

江戸時代、京都の南の玄関口である伏見は、京・大阪を結ぶ水陸交通の要衝であり、人や物の流通・運搬の拠点としておおいに賑わっていました。

 

 

辺りには各藩の屋敷や船宿が軒を連ね、その中に、船宿・寺田屋がありました。

 

寺田屋は薩摩藩の定宿でした。

 

有馬新七ら薩摩の過激志士たちが同士討ちに遭ったのが、この寺田屋です。

 

寺田屋殉難九烈士の碑

<案内板より抜粋>

文久2年(1862)4月、尊皇攘夷派の先鋒であった薩摩藩士9名が殺傷されるという明治維新史上有名な寺田屋騒動が起こった所である。
当時、薩摩藩には藩主の父・島津久光を中心とする公武合体を奉ずる温和派と、勤王討幕を主張する急進派との二派があったが、久光は急進派の動きを押さえようとして、兵千余名を率い京都へ入洛せんとした。
これを知った有馬新七ら30余名の急進派同志は、文久2年(1862)4月23日、関白九条尚忠、所司代酒井忠義を殺害すべく、薩摩藩の船宿であった寺田屋伊助方に集まった。
これを知った久光は藩士奈良原ら8名を派遣し、新七らの計画を断念さすべく説得に努めたが失敗、遂に乱闘となり新七ら7名が斬られ、2人は重傷を負い、翌日切腹した。

 

 

 

寺田屋は又、坂本龍馬が伏見奉行所の襲撃に遭った「寺田屋事件」の場所でもあります。

龍馬と三吉慎蔵がいた部屋が復元され、ゆかりの品々が展示されています。

 

お龍さんが入浴中にいち早く気付き、ほとんど裸同然で二階の龍馬に知らせたという有名な話が残ります。

 

川のほとりに立つ龍馬とお龍の像

 

 

 

寺田屋は鳥羽伏見の戦いで焼失しましたが、その後再建され、現在も旅館として営業されています。

見学時間が短いので(10:00〜15:40)早めに行かれる事をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

| 京都 | 00:00 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP
木屋町通りの幕末史蹟

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

徳川政権下において長く政治の中心から遠ざけられていた京都が、幕末、討幕の機運に燃え上がる勤皇志士たちの入洛によって、にわかに歴史の舞台となりました。

鴨川の西を流れる高瀬川、その川に接する木屋町通りには、当時、諸藩の藩邸が建ち並び、また志士たちも集まってきました。

今もその地を歩くと、数多くの石碑が幕末動乱の歴史を雄弁に語ってくれます。

 

 

 

佐久間象山・大村益次郎遭難の地 

松代藩士・佐久間象山は西洋兵学者。

幕命で上京し、諸家に出入し開国を論じていたため、過激な志士に狙われ、1861年7月馬上で斬殺されました。

 

大村益次郎は周防出身。鳥羽伏見の戦いや江戸での彰義隊との戦いなど数々の戦功があり、明治政府では兵部太輔となりました。

しかし徴兵制を提案し武士の帯刀廃止を主張したため、士族の反感をかい、明治2年9月浪士に襲われ負傷し大阪で死去しました。

 

 

桂小五郎・幾松寓居跡

後の木戸孝允「桂小五郎」を命がけで助けた「幾松」の家です。

今も料理旅館を営み、「幾松の部屋」も保存されています。

 

 

佐久間象山寓居跡

「佐久間象山遭難の地」の近くにあり、自宅近くで暗殺の刃に倒れたことが分かります。

 

 

吉村寅太郎寓居の地

吉村寅太郎は土佐勤王党。寺田屋事件で捕らえられ、高知の獄中にあったが、許されて上京。
国事に奔走したという。

 

 

土佐藩邸跡

江戸時代初期から明治4年まで、土佐藩山内氏の京都藩邸でした。

幕末には「天誅」と称する刺客が暗躍しました。

 

 

本間精一郎遭難の地

本間精一郎は越後の郷士。

薩長土の志士を罵倒するなど、目に余る行動をしたため斬殺されました。

死骸は高瀬川に捨てられ、首は四条河原に梟された・・とか。

 

 

木屋町通りには、まだまだ史跡があります。

また一歩他の通りに足を踏み入れると坂本龍馬遭難地の「近江屋跡」や寓居跡の「酢屋」、新選組の「池田屋騒動之址」など数多くの史蹟があります。

この辺りは、幕末歴史を物語る宝庫です。

 

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

| 京都 | 01:14 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
料理旅館「幾松」に残る西郷どんの書

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

幕末の志士と京都の芸妓とのロマンスといえば、桂小五郎と幾松が有名ですね。

京都木屋町の料理旅館「幾松」はその2人の寓居跡。

築200年余りという老舗旅館は、登録有形文化財として今も残されています。

 

2年前にここを訪れ、いろんな仕掛けがある「幾松の部屋」を見せて頂きました。

その記事は→幕末ゆかりの料理旅館「幾松」

 

「幾松の部屋」の見学の後、通された部屋でお食事を頂きました。

 

その時、床の間の掛け軸が気になったのですが、よく分からないまま、とりあえず写真に・・・

 

先日、撮りだめしたテレビの録画を見ていたら、西郷どんゆかりの地として料理旅館「幾松」が映っていました。

なんと、この部屋(桂の間)が紹介され、掛け軸の説明があったのです。

 

掛け軸の右から
昨日之非不可留(昨日の非 留むべからず)
今日之是不可執(今日の是 執るべからず)

 

書いた人は

「南洲書」

そう、西郷どんの書だったのです。

エ〜〜ッ!(◎_◎;)

 

意味は

「昨日失敗したからと言って、そこにいつまでも留まらず、また今日が成功したからと言って、それにいつまでも甘んじてはいけない」

なるほど!

 

貴重な掛け軸であるのに、知らずにいました。

でも、テレビの番組を見たお陰で、その価値を知りました。

「西郷どん」のお陰です(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

| 京都 | 00:00 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
西郷どんの恋人?「お虎さん」

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

幕末、政局の中心が京都に移ると、多くの志士たちも京都に集まってきました。

そして彼らは夜な夜な花街へと繰り出し、恋に落ち、ロマンスの花が咲きました。

桂小五郎と幾松、近藤勇と深雪太夫、高杉晋作と小りかさん。

そうそう、大久保利通は祇園一力亭の娘(芸妓?)「おゆう」との間に、4人の子どもをもうけました。

 

では西郷どんは・・・

残念ながら花街の恋とは無縁で、もっぱら大好物の鰻に舌鼓をうっていたと言います。

花より団子(^^♪

 

が、しかし・・

恋とは言えなくても、お気に入りの女性はいたそうです。

 

 

そんな西郷どんゆかりの地がNHKの「歴史秘話ヒストリア」で紹介されていたので、それに沿って京都の街を歩いて来ました(^^♪

 

 

祇園八坂神社が正面に見える四条通

「歴史秘話ヒストリア」によると、幕末、この辺りにはたくさんの茶屋や芝居小屋があったそうです。

 

その一角に、幕末当時には「奈良冨」というお茶屋さんがあったそうです。

今はくず切り屋さんになっています。


西郷どんは、この奈良冨で仲居をしていた「お虎さん」がとてもお気に入りだったとか。

彼女はとても気立てが良く、闊達で、かなりの酒豪であったと伝わります。

しかもすごく太っていて「大兵肥満」と書いた書物もあるようです。

また「豚姫」のタイトルで、歌舞伎の演目にもなっているとか。

 

西郷どんが、いよいよ討幕に向かって京都を発つとき、お虎さんは大津まで追いかけて来て30両をもらったという説もあるそうです。

 

 

四条通を、もう少し西に行くと、骨董屋さんがあります。

当時ここには「井筒屋」という老舗のお茶屋さんがあったそうです。 

西郷どんのお気に入りの女性は、この井筒屋で仲居をしていた「お末」さんだったという説もあります。

やはりよく太った女性で、西郷どんが「お末」「お末」と言って追いかけまわすので、逃げ回っていたとか(^^♪

この人もよく気が付くひとで、後に仲居のリーダー格「赤前垂れ」になったそうです。

 

 

「西郷どん」のドラマの中でも「お虎さん」は、旅館「鍵屋」の仲居さんとして登場します。

いろいろ諸説ありますが、いずれにしても京都での難しい政治工作の中で、私生活に彩を添える存在であったことは確かなようです。

 

それにしてもお気に入りの女性?それとも恋人?

気になります(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 京都 | 00:00 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
月照上人・信海上人遺蹟(京都)

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

清水寺の境内に、3つの石碑が並んでいます。

 



右から西郷隆盛の歌碑、月照上人、月照の弟・信海上人の歌碑です。

月照の死後、弟の信海上人も成就院の住職を継ぎましたが、青蓮院宮のための攘夷祈願をしたことで捕縛され、江戸で獄死しました(享年39)。

西郷隆盛は、のちに弔意の漢詩を詠みました。

西郷隆盛



相約して淵に投ず、後先無し。豈図(あにはか)らんや波上再生の縁。頭を回らせば十有余年の夢。空しく幽明を隔てて墓前に哭(こく)す。


月照



大君の為には 何か惜しからむ薩摩の迫門に 身は沈むとも


信海


西の海 東の空と かはれども 心は同じ 君の世のため

 

by しずか

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

| 京都 | 00:00 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
近衛邸

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

京都御苑の北側、今出川御門近くに五摂家筆頭であった近衛家の邸跡があります

 





近衛邸跡

この辺りが近衛邸があった場所です。近衛家は、五摂家の一つで、江戸時代までに多くの人が摂政や関白になっています。かつてはこの庭園の池の西側に大きな屋敷があり、御所炎上の際は仮の皇居ともなりました。
池のほとりは、昔から糸桜の名所で、孝明天皇も次の歌を詠まれています。
「昔より 名にはきけども 今日みればむへめかれせぬ 糸さくらかな」(駒札より)

近衛家といえば篤姫
篤姫といえば島津家。

島津斉彬の姉・郁姫が近衛忠煕の正室になったことなどから近衛家と島津家とは深い関係がありました。
篤姫は斉彬の養女を経て、近衛煕の養女となって、将軍・家定に嫁ぎました。
篤姫は江戸に向かう途中、京に立ち寄り、忠煕との対面を果たしたそうです。

春には糸桜や紅しだれ桜が咲き乱れ、桜の名所となっています。
今年も近衛邸の桜を楽しんできました。



 

 

by しずか

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

| 京都 | 01:20 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
本能寺の変

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

天正10年(1582年)5月29日、織田信長は備中高松城包囲中の羽柴秀吉を救援するため、小姓を中心とする僅かのお供を連れて安土城を発ち、京都の本能寺に入ります。

その頃、信長の嫡男・織田信忠は5月21日にすでに京都の妙覚寺に入っていました。

妙覚寺


京都に城を持たない信長は、かつては妙覚寺を寄宿先としていましたが、1580年以降はかつての宿所であった本能寺を寄宿先に戻し、代わりに信忠が妙覚寺を寄宿先として使用するようになっていました。
当時の本能寺は、単なる寺ではなく、防御面にも優れた城塞としての改造を施されていたといいます。

6月1日、信長は本能寺別院に京都の公家たちを招いて、安土から秘蔵の名物茶器を持ち込んで披露するという盛大な茶会を開催。

同日、1万3000人の手勢を率いて丹波亀山城を出陣、京に向かった明智光秀は、翌2日未明、桂川を渡ったところで、「敵は本能寺にあり」と、自軍に本能寺と妙覚寺への攻撃命令を下したといいます。
これには後世に創作された言葉とする説もあり、雑兵は信長討伐という目的を最後まで知らされず、信長の命で徳川家康を討つのだと思っていたのだとも。

光秀軍は明智秀満隊と斎藤利三隊の二手に分かれ、明智軍が信長が宿泊していた本能寺を急襲して包囲。光秀軍1万3000人に対し、わずかな近習とともに奮戦した信長は、やがて脱出は不可能と悟り、屋敷に火を放ち自害。
しかし、信長の死体は発見されませんでした。

嫡男・信忠は、信長自害の知らせを受け、光秀を迎え撃つために二条御所に移動し、善戦しましたが、やがて追い詰められ自害。二条御所の縁の板を剥がさせて自らの遺骸を隠すように家臣に命じ、父同様、その首が明智方に発見されることはなかったといいます。(Wikipedia、日本の100人「織田信長」参照)

室町時代に創建された本能寺は当初、京都の高辻通りにありましたが、移転を重ねた末に、天文11年(1542)四条西洞院に第4次の伽藍が建立されました。
しかし本能寺の変で焼失し、天正17年(1589)現在の場所に移されました。

本能寺




信長公廟






本能寺の変戦死没之諸霊塔


森蘭丸の名前も見えます。



お城・史跡 ブログランキングへ


応援のクリックお願いします。m(__)m

| 京都 | 01:18 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
真田信之の菩提寺 妙心寺の大法院

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

大法院は、妙心寺塔頭のひとつで、真田幸村(信繁)の兄で松代藩主であった真田信之の菩提寺を拝観して来ました。
 



普段非公開ですが、春と秋の紅葉の時期のみ特別公開されます。

信之の遺命に従い、長男・真田信吉の長女・長姫により創建されました。

「大法院」という院号は、信之の法名「大法院殿徹岩一洞大居士」に因むものです。

 

方丈の襖絵には、江戸時代中期の絵師・土方稲領による「叭叭鳥図」(ははちょうず)が描かれています。
 



紅葉に彩られる美しい露地庭園を眺めながら、抹茶とお菓子をいただけます。
 


 



茶室

 

 

大法院の境内には、松代藩の真田家一門や、幕末の松代藩士で攘夷派に暗殺された兵法学者・佐久間象山の墓があります。

真田信之



真田信吉(信之の長男)



真田信利(信吉の次男)



長姫(信吉の長女)



佐久間象山




お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m
 

| 京都 | 13:02 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
長宗我部盛親の墓 蓮光寺〜京都市

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

京都市下京区の「蓮光寺」に、長宗我部盛親のお墓があります。

 

 

 

長宗我部盛親は、土佐の戦国大名・長宗我部元親の四男に生まれ、父の死後にその家督を継いで長宗我部氏の当主となりました。


関ケ原の戦いでは西軍につきましたが、毛利隊の後方に布陣したため動くことが出来ず、戦闘に参加しないまま敗走するはめになりました。

敗戦後は井伊直政を通じて交渉し、家名存続を訴えましたが、国替えに不満をもつ家臣によって浦戸一揆が起こったため、長宗我部家は取り潰しとなりました。

 

浪人となった盛親は、長宗我部家の再興を期して京都で「大岩祐夢」と号して寺子屋を営んでいました。
この間に蓮光寺の住職・蓮光上人と親交があったといいます。

 

 

慶長19年(1614)、大坂の豊臣方と徳川方との間で不穏な動きが起こると、盛親は、豊臣方の誘いに応じてわずか6人の従者と共に京都を脱出して大阪城に入城。

これに応じて長宗我部家の再興を願う旧臣たちが続々と集まり、真田信繁・後藤基次・毛利勝永・明石全登らと共に「五人衆」に数えられる主力部隊となりました。

 

しかし、夏の陣の八尾・若江の戦いでは奮戦して藤堂高虎に大打撃を与えましたが、大阪城は落城。

盛親は八幡で捕らえられて、京都の六条河原で斬首となりました。

 

 

生前に親交があった蓮光上人は、所司代板倉勝重に請い、首級をもらい受けて蓮光寺の墓地に葬りました。

記録によると、首だけでなく遺体もともに葬ったとされているそうです。
時に盛親41歳。法名は領安院殿源翁崇本大居士

 

 

 

また境内には、平清盛ゆかりの「駒止地蔵尊」もあります。

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 京都 | 00:00 | comments(7) | - |- pookmark↑PAGE TOP