大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。今年は「西郷どん」」を応援します!
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
淀の戦い

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

鳥羽伏見の戦いが始まってから3日めの1月5日、淀の千両松でも激しい戦闘が繰り広げられました。


戊辰役東軍戦死者埋骨地

当時宇治川の左岸や右岸には池や沼地が広がり、川に沿った狭い堤防道での戦闘は凄惨を極め、新政府軍、旧幕府軍とも多くの犠牲者が出たといいます。

 

 

一進一退の乱戦の末に旧幕府軍は敗退し、本陣である淀で敵を迎え討とうとします。
淀城に入って大坂の援軍を待てば、十分に新政府軍を食い止めることが出来ると思ったのですが、なんと頼みとする淀藩は、城門を閉じ銃口を向け旧幕府軍の入城を拒絶したのです。


淀城址

 


幕末当時の藩主は徳川幕府の老中であった稲葉正邦。
淀藩稲葉家といえば、春日局の夫であった稲葉正成を祖とした譜代大名です。

 

稲葉正成を御祭神とした稲葉神社

 

しかしこの時、藩主である正邦は江戸に滞在していて不在でした。
しかも新政府側の三条実美から「徳川に付いてはならない」と圧力をかけられていたのです。
悩みに悩んだ淀藩の家臣たちは、武装中立という道を選びました。

 

 

一方新政府は、仁和寺宮嘉彰親王に錦旗と節刀を授け征夷大将軍に任命。
この日、錦旗を掲げた新政府軍は本陣のあった東寺を出発して、鳥羽街道を淀小橋まで南進して来ました。

 


この時点で、新政府軍は「官軍」となり、旧幕府軍は朝敵の「賊軍」となったのです。
日和見の藩が次々と新政府側に寝返り、夕方、新政府軍は淀の徳川本陣を占領しました。

 


翌6日、大阪城にいた徳川慶喜は「たとえ大阪城が焼け落ちようとも断固守り抜くべし」と家臣の前で演説しました。
しかしその夜、わずかな側近を連れ開陽丸に乗って江戸へ逃亡・・


徳川家の権威が完全に地に落ちた瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

| 京都 | 00:00 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP
鳥羽伏見の戦いの砲弾跡が残る妙教寺

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

鳥羽伏見の戦い初日は、薩摩軍の士気の高さと綿密な戦略により、旧幕府軍は惨憺たる敗北を喫しました。

しかし翌4日、旧幕府軍は反撃を開始。
大阪湾では徳川艦隊が薩摩の軍艦を砲撃し、また伏見では陸軍の徳川伝習隊が次々と新政府軍を打倒し、徳川の底力を見せました。

 


鳥羽街道をずっと南に下がった淀城址近くに「妙教寺」があります。


この日、この辺りは戦場となり、その巻き添えで妙教寺本堂は幕府軍から砲弾を受けました。
当時の住職は、史実を伝えようと砲弾と砲弾跡を残したそうです。

 

春に特別公開がありました。

 


本堂(内部は写真NGでした)


砲弾は本堂右側の壁から飛び込み、なんと本堂正面を横切って左側の柱を貫通し、左下に落ちたそうです。
現在、壁の砲弾跡にはガラスがはめられていて、その辺りだけうっすら明るくなっていました。

また柱には、見事な穴がぽっかり開いていました。

 

スタッフの方が、複製の砲弾を使って、柱を貫通する様子を再現して下さいました。
そのあと、砲弾に触らせてもらいました、重っ!(◎_◎;)


本物の砲弾は、隣の書院に展示されていましたが、これは触れません。


でも、よくまあ爆発せずに、現在まで残ったものですね。
当時の戦いの様子を雄弁に語る証拠品です。

 


本堂を出て、砲弾の壁穴を外側から撮るため、本堂右横から覗いてみました。

 

このガラスの場所です。


こちらは南に面していているので、淀城側から砲弾が飛んできた事が分かります。

だから幕府側から撃ったと推定できるわけですね。

 

 

また境内には、榎本武揚の揮毫による「戊辰役東軍戦死者之碑」もありました。

 

 

 

ところで後日テレビを見ていたら、この砲弾は「四斤山砲」という非常に強い貫通能力がある大砲から撃たれた弾で、中には火薬と起爆装置が入っていると説明されていました。

しかも、四斤山砲を使っていたのは新政府側で、この日反撃を開始した旧幕府軍も、この強力な兵器の登場で陣地を破壊されて敗退を余儀なくされたといいます。

 

新政府側の砲弾か、旧幕府の砲弾かはともかく、こんな殺傷能力の強い武器を使い、しかも住民を巻き添えにしながら戦っていたわけです。

そう考えると、戦いを放棄して早々に江戸へ帰った徳川慶喜の判断は、正しかったのではないかと・・

そんな風にも思えます。

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 京都 | 14:34 | comments(5) | - |- pookmark↑PAGE TOP
鳥羽伏見の戦い

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

慶応4年(1868)正月2日、旧幕府および会津・桑名両藩の兵からなる1万の大軍が、薩摩討伐の勅許を得るため大阪城から京の御所へ向けて進軍を開始しました。
そして翌3日、鳥羽街道小枝橋付で旧幕府軍と薩摩軍は対峙。

 

小枝橋付近

 

 

旧幕府軍は入京を阻止され、薩摩軍との間で長時間にわたって小競り合いになりましたが、夕闇迫る午後5時ごろ、ついに強行突破を開始。
その途端、薩摩軍の一斉砲撃が始まり「鳥羽の戦い」の火蓋は切って落とされました。

 

薩摩軍が布陣した鳥羽の「城南宮」

 

城南宮拝殿


城南宮西側石の鳥居

 

薩摩軍は、城南宮の石の鳥居から小枝橋に続く参道に大砲を4門設置し、川土手の竹藪や参道に銃を持った多くの兵を布陣させていました。

 

城南宮から200mほど離れた「秋の山」


当時この辺りには竹が一面に茂り、冬の夕暮れの闇に紛れて、ここにも多くの薩摩兵を潜ませていました。

薩摩軍は、言葉巧みに旧幕府軍を下がらせ、自軍に有利なこの場所で戦いを展開したといいます。

 

 

激戦地だったと伝わる赤池交差点

 

 


一方、鳥羽の砲声が伏見に届くと、伏見奉行所を包囲していた薩摩軍も一斉に砲撃を開始。

「伏見の戦い」も同時に始まりました。

 

薩摩軍が布陣した「御香宮神社」

 

御香宮神社にある伏見の戦い跡の碑」

 

 

桃陵団地の中に建つ「伏見奉行所跡」の石標


旧幕府軍の重要な戦略拠点で、会津兵や新選組などが布陣していました。

 


本願寺別院(伏見御堂)


会津兵が駐屯しました。

 

 

伏見奉行所から京へ向けて攻め上がろうとする旧幕府軍と、それを防ごうとする薩摩・長州の攻防で、伏見は両軍入り乱れる市街戦となりました。


両軍が激突した最前線に残る、料亭「魚三楼」の弾丸の跡。

 

 

しかし御香宮神社の高台に据えた薩摩藩の大砲が伏見奉行所を直撃。
伏見奉行所は炎上し、旧幕府軍は退却を余儀なくされました。

 

 

この日の深夜、西郷隆盛が戦場を視察し味方を鼓舞したと伝わります。

 

 

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

| 京都 | 00:00 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
王政復古の大号令

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 


慶応3年(1867年)10月、土佐の建白を受け入れるかたちで、徳川慶喜が大政奉還を一行。新たに自らを首班とする公儀成体を作ろうとしますが、すでに倒幕の姿勢を決めていた薩摩藩は、徳川家を排除し、天皇親政の新政府を樹立すべく、王政復古のクーデターを起こすことになります。
同年、12月9日、朝議が終わり公家衆が退出した後、待機していた5藩の兵が御所の九門を封鎖。御所への立ち入りは藩兵が厳しく制限し、二条摂政や朝彦親王ら親幕府的な朝廷首脳も参内を禁止されました。そこへ、赦免されたばかりの岩倉具視らが参内して、京都御所の御学問所において、「王政復古の大号令」を発し、新体制の樹立を決定、新たに置かれる三職の人事を定めました。


御学問所(おがくもんじょ)

小御所の北側に位置しています。
入母屋桧皮葺の書院造りの建物で、和歌の会など学芸に関する行事のほか臣下との対面にも用いられました。

 

 

 

同日、18時頃から、御所内・小御所にて明治天皇臨席のもと、新設された三職による最初の会議が、御所の小御所で開かれ、山内容堂ら公議政体派と岩倉具視が激論を交わしましたが、結果、徳川慶喜の内大臣辞職および徳川家領の冊封が決定されました。

小御所は、清涼殿の東、紫宸殿の北東に位置する南北棟の建物。屋根は入母屋造、檜皮葺。会議、対面や皇太子の元服などの儀式に用いられた建物です。

慶応3年(1867年、新暦では1868年1月)に徳川慶喜の処置を決めるための「小御所会議」が開かれた場所として知られています。
 

安政度造営の小御所は1954年8月16日に花火の火が燃え移って焼失し、現存する建物は1958年、旧建物に忠実に再建されたもの。
 
| 京都 | 00:00 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
大政奉還
JUGEMテーマ:大河ドラマ
9月9日大河「将軍義信」、西郷と大久保が武力で幕府を倒す策を練っていた時、最後に坂本龍馬が登場して、戦わずして幕府が天皇に権力を返上するやり方を土佐の後藤象二郎に伝え、山内容堂から徳川慶喜に建白書が贈られ、

1867年11月9日(慶応3年10月14日)に江戸幕府第15代将軍徳川慶喜が政権返上を明治天皇に上奏し、

翌10日(旧暦15日)に天皇がこれを勅許(ちょっきょ 天皇がきょかすること)しました。

西郷、大久保そして岩倉の武力による幕府討伐は不発に終わりました。

 

 

大政奉還が諸大名に告げられた二条城



二条城唐門






内堀






| 京都 | 15:14 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
薩長同盟が締結された御花畑御屋敷跡

JUGEMテーマ:大河ドラマ

薩長同盟が締結された邸宅「御花畑屋敷」は京のどこにあったのかという謎の解明に取り組んでいた元小学校教員で歴史研究家の原田良子氏が、明治初期の行政文書などから、近衛家別邸があった現在の上京区森之木町だと突き止め、2017年3月、鞍馬口のカフェ「フランジパニ」の一角に「御花畑御屋敷跡」の碑が立てられました。




薩長同盟はかつて、二本松薩摩藩邸(現同志社大今出川校地内、上京区)で締結されたと考えられていました。その後、薩摩藩家老の小松帯刀(たてわき)邸で結ばれたとの説が有力になり、小松邸は薩摩藩が借りていた近衛家別邸「御花畑」だったとの見方が強まり、「室町頭」という地名が、室町通北端の鞍馬口通を示し、西郷隆盛の文書に「御花畠水車」の記述があることなどを手掛かりに、当時水路があった森之木町と推定。同町内の近衛家所有地を示す明治4年の行政文書を発見したのだそうです。
薩長同盟は、慶応2年1月21日(1866年3月7日)に小松帯刀邸で締結された、薩摩藩と長州藩の政治的、軍事的同盟で、薩長盟約、薩長連合ともいいます。
提携内容(6ヶ条)
一、戦いと相成り候時は直様二千余の兵を急速差登し只今在京の兵と合し、浪華へも千程は差置き、京坂両処を相固め候事
一、戦自然も我勝利と相成り候気鋒これ有り候とき、其節朝廷へ申上屹度尽力の次第これ有り候との事
一、万一負色にこれ有り候とも一年や半年に決て壊滅致し候と申事はこれ無き事に付、其間には必尽力の次第屹度これ有り候との事
一、是なりにて幕兵東帰せしときは屹度朝廷へ申上、直様冤罪は朝廷より御免に相成候都合に屹度尽力の事
一、兵士をも上国の上、橋会桑等も今の如き次第にて勿体なくも朝廷を擁し奉り、正義を抗み周旋尽力の道を相遮り候ときは、終に決戦に及び候外これ無きとの事
一、冤罪も御免の上は双方誠心を以て相合し皇国の御為皇威相暉き御回復に立至り候を目途に誠心を尽し屹度尽力仕まつる可しとの事
薩長同盟が結ばれた会談の内容はその場で記録されず、正式な盟約書も残されていない。上記の内容は木戸が記憶を頼りに会談の内容を6カ条にまとめ、内容の確認のため坂本に送付した書簡(慶応2年1月23日付)によるものである。
坂本はこれに応じ、上記の木戸書簡の裏面に「表に御記成被候六条は小西両氏及老兄龍等も御同席にて談論せし所にて毛も相違これ無き候、後来といへとも決して変り候事はこれ無きは神明の知る所に御座候」と朱書して返信(2月5日付)している。
上記の各条の具体的な内容は、主に第二次長州征伐に際し、薩摩が長州に対し物心両面の援助を約するものである。第一条では長州で戦争が始まった場合に薩摩が京都・大坂に出兵して幕府に圧力を加えること、第二条〜第四条で戦争の帰趨如何に関わらず薩摩が長州の政治的復権のために朝廷工作を行うことを、それぞれ約束している。第五条では、薩摩が第一条により畿内に出兵して圧力を加えた上でも、橋会桑(一会桑政権)が朝廷を牛耳ったうえで薩摩側の要求を拒むようであれば、彼らとの軍事的対決に至る覚悟があることを長州に対し表明する内容となっている。
現在、この書簡は宮内庁に所蔵されている。(Wikipediaより)




「西郷どん」では、瑛太さんが大久保利通を演じていますが、私の中では、いまだに瑛太さんイコール「篤姫」の尚五郎さん(小松帯刀)のイメージです。(^^ゞ

この日は開店前だったようで、空いていませんでした。

またの機会にコーヒーでも飲みながら店内からこの碑を眺めてみたいです。



 

この密約により、薩摩藩は幕府による第二次長州征討に際し出兵を拒否し、以後薩長の連携関係は深まっていくこととなります。

by しずか

 

お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

| 京都 | 13:46 | comments(5) | - |- pookmark↑PAGE TOP
逃げの桂小五郎1 幾松宅

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

木戸孝允が桂小五郎として大河にしばしば登場しています。

7月22日:27回「禁門の変」桂は長州の危機を感じ西郷に朝廷へのとりなしを頼む。
8月12日:30回「怪人岩倉具視(ともみ)」で西郷は再度岩倉屋敷で桂に会う。
8月19日:31回「龍馬との約束」で、西郷は、龍馬に薩摩と長州が手をつなぐ必要を感じ、桂との面会を依頼する。
来週8月26日:「薩長同盟」、西郷、再度、桂との仲の取りまとめを龍馬に依頼する。

 

 

桂は京都在住時は新選組などに追われ逃げていましたので、「逃げの小五郎」と言われていました。芸者だった幾松と親しくなり、長州藩屋敷の近くの幾松の家に隠れていました。
今回は、隠れ家の紹介です。

木戸・幾松の隠れ家(地図4)
23


桂小五郎・幾松寓居跡
4_4_edited14_3_8_edited1


ビルの裏側に寓居だった建物が残っています。
25




2



料理屋さんになっています
5




幾松と桂小五郎
2418
 2318


木戸孝允雅号松菊の由来(クリック拡大)
木戸は、中国の詩人:陶淵明(とうえんめい)を尊敬しており、彼の詩の中の「帰去来の辞」の一節から木戸の屋号「松菊」をつけました。
819





桂と幾松が住んでいた部屋
10


桂が新選組に追われた時に幾松がこの長持ちの中に桂を隠しました
11



昔のままの部屋で食事ができます。
6


7


8



9


10_2


4_5_edited1

幾松は、木戸と結婚して松子となり、木戸が亡くなると剃髪して京都に住みました。44歳で亡くなりました

| 京都 | 12:43 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
岩倉具視幽棲旧宅〜京都市

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

岩倉具視は、文政8年(1825) 前権中納言・堀河康親の次男として生まれましたが、14歳の時に岩倉家の養子に入りました。
岩倉家の家領は150石。洛北の岩倉に所領があったことから岩倉を名乗ったと言われています。

 

安政5年(1858) 幕府がアメリカと日米修交通商条約を結ぶにあたり、公家88人が列参して条約締結反対の建議書を提出、岩倉はその中心人物となりました。
これ以降、岩倉の政治活動は一躍注目されるようになり、公武合体を推進して皇女和宮の将軍家降嫁にも尽力ました。

しかしこれが尊皇攘夷派から激しい憎悪を受け、身の危険を感じた岩倉は文久2年(1862)官職を辞して、岩倉村に隠棲しました。

 

 

 

地下鉄「国際会館駅」から京都バスで「岩倉実相院」下車。
すぐ近くに、岩倉具視が隠棲生活を送った「岩倉具視幽棲旧宅」があります。


表門

 

 

 

白壁の塀に沿って通用門へと向かう途中、茅葺屋根が見えました。

 

 

通用門より中に入ると、なんと!ここより先は写真NG(◎_◎;)

 

 

屋敷内には、岩倉具視が住まいとした「鄰雲軒(りんうんけん)」、遺品などを収蔵した「対岳(たいがく)文庫」、遺髪を埋葬した「遺髪塚」、そしてお手植えの松が残る「お庭」などがありましたが・・

 

写真がないのでパンフレットを。

 

 

 

 

岩倉具視は隠棲したとは言うものの密かに政治活動を行い、多数の志士たちがこの屋敷に頻繁に出入したといいます。
その中には、坂本龍馬・中岡慎太郎・大久保利通・品川弥次郎などもいました。

 

5年間に及ぶの隠棲生活の後、慶応3年(1867) ようやく洛中帰住が許され復職。
その後は朝議を主導して王政復古に尽力し、新政府の中心人物として大久保利通・木戸孝允・西郷隆盛らとともに活躍しました。

 

 

私は、岩倉具視はこの屋敷で密かに暮らしていたようなイメージを持っていたのですが、意外にも地域の人と交流し、明治維新後に東京に移り住んでも、京都に来た時には岩倉を訪れて旧交を温めたそうです。

 

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

| 京都 | 00:00 | comments(5) | - |- pookmark↑PAGE TOP
池田屋騒動2 古高俊太郎

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

池田屋騒動のきっかけとなった古高俊太郎の記事です。

 

古高俊太郎は、梅田雲浜のもとで勤王思想を学び勤王志士とも交流のあった人物です。京都で枡屋湯浅喜右衛門と変名して、福岡藩黒田家御用達「枡屋」を構え、密かに武器を集め、同志と連絡をとったり援助をするなど、多くの志士が集う倒幕活動の拠点となっていました。

しかし、1864(元治元)年6月5日(旧暦)早朝、新選組に捕縛され壬生の屯所で拷問を受け自白させられ、これが、池田屋騒動の端緒となったと言われています。

 

 

古高俊太郎邸跡(升屋)地図下14

京都市下京区西木屋町四条上る

8池田屋  13中岡慎太郎寓居跡 
12近江屋(龍馬、慎太郎遭難の地)

 

古高俊太郎邸宅跡


 
現在は、和食屋しる幸

 

 

 

 

 

 

| 京都 | 00:04 | comments(3) | - |- pookmark↑PAGE TOP
池田屋騒動 1

JUGEMテーマ:大河ドラマ

7月22日「大河:禁門の変」で、西郷吉之助は「出陣」の一声を発することで幕末の大混乱の中に飛び込んでゆく決意を固めました。

そして、蛤御門の戦いで、西郷が陣頭指揮をとって長州との闘いに挑みました。

西郷どん、いよいよ幕末の動乱の中に身を置き、明治維新へと日本を導いていきます。どんな西郷の動きが見れるのか楽しみです。

 

今回は、ドラマの中ではほとんどスルー状態だった「池田屋騒動」を記事にしました。

 

1864(元治元)年6月(旧暦)、倒幕派がクーデターを起こす計画を知った新選組は三条小橋西詰北側の旅館「池田屋(長州定宿)」で密議中の長州、土佐、肥後各藩の尊王攘夷派志士約20名を、近藤勇率いる新選組10名で襲撃し、倒幕派7名を惨殺した。この事件で倒幕が1年遅れたとも言われています。

  

新選組は、1863(文久3)年に東海道53次の終点であるここ三条大橋、小橋を渡り、池田屋の前を通って壬生屯所に向かいました。それより1年数か月後にこの事件を起こしました。
(参考資料:池田屋説明板より)

 

 

池田屋地図
中京区三条通川原町車入
4



池田屋
21


Photo



ビルの谷間に池田屋跡、右に行ったところが三条小橋西詰
3_2




現在は新選組の雰囲気のある居酒屋です。
10



倒幕派死傷者氏名(クリック拡大)
Photo_3

 

| 京都 | 12:55 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP