大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
  • 水泳とオリンピックに生涯をささげた 田畑政治展
    しずか (01/30)
  • 水泳とオリンピックに生涯をささげた 田畑政治展
    ラメール (01/29)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」オープン(3)「いだてん展」小道具編
    しずか (01/27)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」オープン(3)「いだてん展」小道具編
    ラメール (01/27)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(2)「いだてん展」
    しずか (01/21)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(2)「いだてん展」
    ラメール (01/21)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    しずか (01/18)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    ラメール (01/17)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    しずか (01/17)
  • 浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!
    ラメール (01/16)
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
水泳とオリンピックに生涯をささげた 田畑政治展

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

 

浜松市立中央図書館(中区松城町)の2階展示コーナーで、田畑政治の企画展「水泳とオリンピックに生涯をささげた 田畑政治展」が開かれています。

IMG_4078 浜松中央図書館

IMG_2468 田畑政治

企画展では、図書館の所蔵資料や家族から提供を受けたアルバムなどとともに、田畑政治の生涯を13期に分けて紹介しています。

IMG_4075 浜松中央図書館

現在の浜松城公園芝生広場にあった「元城プール」で1950年に「日米交歓水上大会」が開かれた際、米国選手に贈った大城貞夫作の版画や、大河ドラマ「いだてん」のもう一人の主人公・金栗四三らと写った写真も展示されています。

会期は、今月1月31日(木曜日) までです。


中央図書館の駐車場からは、浜松城が一望できますよ!

IMG_4040 浜松城

IMG_4039 浜松城


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m
| 静岡 | 00:00 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP
浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」オープン(3)「いだてん展」小道具編

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」のいだてん展に展示されているドラマで使われている小道具を紹介します。

IMG_3956 いだてん展

いだてんの脚本
IMG_3657 いたてん

IMG_3654 手紙

IMG_3655 手紙

1964東京招致アルバム
IMG_3656 招致アルバム

天狗倶楽部うちわ
IMG_3664 天狗倶楽部

四三の足袋
IMG_3665 四三の足袋

兵蔵が書いた練習ノート
IMG_3667 練習ノート

志ん生の扇子・手ぬぐい
IMG_3653 志ん生の扇子・手ぬぐい

ドラマの中で、登場したらあっ!と思ってください(^∇^)ノ


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m
| 静岡 | 20:36 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP
浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(2)「いだてん展」

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

大河ドラマ館のような「いだてん」展もあります。

IMG_3642 いだてん展

キャスト陣のパネルが展示されていて、ここで一緒に撮影ができます。

金栗四三役の中村勘九郎さんと田畑政治役の阿部サダヲさん
IMG_3652 いだてん展

阿部サダヲさんの衣装
IMG_3644 いだてん展

春野スヤ役の綾瀬はるかさん
IMG_3643 いだてん展

古今亭志ん朝役のビートたけしさん
IMG_3659 いだてん展

三島弥彦役の生田斗真さん
IMG_3660 いだてん展

嘉納治五郎役の役所広司さん
IMG_3671 いだてん展

IMG_3658 いだてん展

浜松徳川武将隊の皆さんにモデルになっていただきました。

IMG_3970 いだてん展

IMG_3980 いだてん展

IMG_3972 いだてん展

IMG_3976 いだてん展


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

| ドラマ | 11:19 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP
浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU」(1)オープン!

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

浜松市中区旭町の浜松魅力発信館「The GATE HAMAMATSU(ザ・ゲート・ハママツ)」が1月6日、新装オープンしました。

IMG_3618 浜松魅力発信館

IMG_3621 浜松魅力発信館

元は、大河ドラマ「おんな城主直虎」に合わせて情報発信していた「浜松出世の館」です。

IMG_3620 浜松魅力発信館

IMG_3622 浜松魅力発信館

IMG_3623 浜松魅力発信館

オープン日には、浜松徳川武将隊と浜松市のマスコットキャラクター「出世大名家康くん」「出世法師直虎ちゃん」がPRに駆けつけました。

IMG_4017 浜松魅力発信館

入り口を入るとすぐに「家康くん&直虎ちゃんのオフィシャルショップ」や浜松土産のコーナーがあります。

IMG_3625 浜松魅力発信館

IMG_3627 浜松魅力発信館

IMG_3629 浜松魅力発信館

IMG_3630 浜松魅力発信館

「おんな城主直虎」グッズもありますよ!

IMG_3628 浜松魅力発信館

武将隊の皆さんも館内でお気に入りを物色中。

松下常慶殿が手にしているのは、大河ドラマの主人公の一人、「田畑政治ゆかりの地浜松」のピンバッジ。

IMG_3957 浜松魅力発信館
 

IMG_3959 浜松魅力発信館

 



 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m
| 静岡 | 11:21 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
浜松市総合水泳場 ToBiO 田畑政治展(2)

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

世界へと活躍の場を広げた田畑政治でありましたが、戦時中はスポーツ自体が禁止され、オリンピック組織委員会を発足するも、国際社会から日本の出場を拒否されることに。

そんな苦難も乗り越え、田畑氏は、1948年、日本水泳連盟の会長に就任。

翌年、国際水泳連盟への復帰を果たし、全米水泳選手権に、古橋廣之進らの日本人選手の出場が実現し、古橋は、世界記録で優勝しました。

IMG_2468 田畑政治展2

IMG_2491 古橋廣之進

1928年9月16日、静岡県浜名郡雄踏町(現・浜松市西区)にて生まれる。日本大学法文学部(現在は法学部)政治経済学科卒業。
第二次世界大戦終了後の水泳界で次々と世界記録を打ち立てて「フジヤマのトビウオ」の異名を取った。
現役引退後は大同毛織(現 ダイドーリミテッド)に入社。その後、母校・日本大学の教授や日本水泳連盟会長、日本オリンピック委員会会長を歴任した。
2009年8月2日に世界水泳選手権が開かれていたイタリア・ローマにて客死。 (Wikipediaより)

IMG_2490 古橋廣之進

1958年以降、田畑氏は、東京オリンピック招致に向けた準備委員会を牽引し、組織委員会事務総長として、招致に成功しました。

IMG_2476 東京五輪記念コイン

IMG_2478 田畑政治展

IMG_2481 田畑政治展

IMG_2482 田畑政治展

IMG_2500 田畑政治展


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m
| 静岡 | 08:45 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP
浜松市総合水泳場 ToBiO 田畑政治展(1)

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

2019年の大河ドラマ「いだてん」がスタートしました。

浜松市西区篠原町にある古橋廣之進記念浜松市総合水泳場 ToBiOでは、「いだてん」の主人公のひとりである田畑政治展が開催されています。

IMG_2466 田畑政治展

「いだてん」の主人公 左が阿部サダヲ演じる田畑政治、右が中村勘九郎さん演じる金栗四三
IMG_2497 田畑政治&金栗四三

IMG_2467 田畑政治展

田畑氏は、浜松市中区成子町の造り酒屋「八百庄商店」に明治31年(1898年)12月1日生まれました。体があまり丈夫でなかったため、幼少期から浜名湖で泳ぎ鍛え、「遠州学友会水泳部」で選手として活躍していまいたが、大病を患い、選手を引退し、指導者に転身します。はじめは、地元の小さな水泳部の運営でしたが、全国大会の開催、ついにはオリンピックへと活躍の場を世界へと広げていきました。

IMG_2468 田畑政治展
IMG_2469 田畑政治展

東京帝国大学を卒業後、1924年(大正13年)に朝日新聞社(東京朝日新聞)に入社。その後は政治経済部長などを務め、1949年(昭和24年)に常務に就任した。
一方で田畑は水泳指導者としても活動し、1932年のロサンゼルスオリンピックなどの大きな大会で日本代表の監督を務めた。
1939年には日本水泳連盟(当時の名称は大日本水上競技連盟)会長の末弘厳太郎が大日本体育会(戦後の日本体育協会)理事長に就任したことから、田畑も末弘を支えるべく新たに設けられた理事長に就任した。戦後の1948年には日本水泳連盟の会長に就任、同年のロンドンオリンピック参加を断られた当時の日本代表(古橋廣之進・橋爪四郎ら)の実力を見せつけるべく、日本選手権の決勝をロンドン五輪と同日開催とするなどの策士ぶりを発揮、翌1949年の国際水泳連盟(FINA)復帰につなげるなど大胆な組織運営を行った。
田畑はその後も1952年のヘルシンキオリンピック、1956年のメルボルンオリンピックと二大会連続で日本選手団の団長を務めた。
戦後間もない時期から東京へのオリンピック招致を訴えており、五輪招致活動においては中心人物の一人として、以前から親交のあったフレッド・イサム・ワダなどの人物を招致委員に引き込むなど活躍する。
1959年(昭和34年)に1964年の東京開催が決定すると、田畑もその組織委員会の事務総長に就任し開催に向けて活動した。正式種目に女子バレーボールを加えるロビー活動の、陣頭指揮にも立ったという。
しかし1962年の第4回アジア競技大会でホスト国のインドネシアが台湾とイスラエルの参加を拒否し、それに対して国際オリンピック委員会(IOC)がこの大会を正規な競技大会と認めないという姿勢を打ち出したことで日本選手を出場させるべきかという問題に巻き込まれることになった[7]。最終的に日本選手団は(競技自体が中止された)重量挙げを除いて出場したものの、この問題の責任を取る形で田畑はJOC会長で組織委員会会長の津島寿一とともに辞任することとなった。
1973年には日本オリンピック委員会(JOC)会長に就任した( - 1977年)。(Wikipediaより)

IMG_2472 田畑政治

IMG_2473 田畑氏の言葉

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

| 静岡 | 07:42 | comments(0) | - |- pookmark↑PAGE TOP
新年のご挨拶

 

明けましておめでとうございます。

 

昨年も応援&コメントありがとうございました。

 

今年もよろしくお願いします。

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m
| - | 10:54 | comments(0) | - |- pookmark↑PAGE TOP
南洲墓地の別府晋介の墓

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

世はクリスマスイブ🎄というのに、お墓の記事ですみません(;´∀`)

南洲墓地別府晋介の墓を紹介します。

史実では、西郷どんの介錯を務めましたが、残念ながら最終回にその場面はありませんでした(;゚ロ゚)

晋介どん、どこに行ってしまわれたのですか〜〜(^_^;

ここで書かなければ、あまりにも気の毒なので(;・∀・)

IMG_8750 別府晋介

IMG_8749 別府晋介

Shinsuke_Beppu.jpg

別府晋介は、弘化4年(1847年)、鹿児島郡吉野村実方で別府十郎の第2子として誕生。諱は景長、通称は晋介。長兄は別府九郎。従兄の桐野利秋(中村半次郎)とは実の兄弟以上に仲が良かったといいます。

戊辰戦争では、薩摩軍分隊長として東北地方に転戦。

明治2年(1869年)には、鹿児島常備隊の小隊長、明治4年(1871年)西郷隆盛が廃藩置県に備えて兵を率いて上京したとき、小隊を率いて従い、御親兵に編入され、次いで近衛陸軍大尉に任ぜられました。

明治5年(1872年)西郷が朝鮮偵察を命じた際には、北村重頼・河村洋与とともに外務大丞・花房義質の随員という形で釜山に赴き、朝鮮内地を偵察した。

明治6年の征韓論政変で、西郷に従い帰鹿。
加治木郷ほか4郷の区長,また私学校の運営に参画。

明治10年、西南戦争に各郷連合大隊長となり、先発して熊本城の攻囲戦に奮闘。兵力増強のため一旦帰鹿。その後各地に転戦し、8月西郷らと可愛岳を突出し、鹿児島に帰ります。

9月24日、城山陥落の日、西郷の洞前に整列した40余名は岩崎口へ進撃し、途中、銃弾で負傷した西郷が切腹を覚悟すると、晋介は駕籠から下り、「御免なったもんし(お許しください)」と叫び、西郷を介錯した。その後、弾雨の中で自決しました。享年31。


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m
| 鹿児島 | 08:17 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
徳川慶喜の墓

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

徳川慶喜の墓は、寛永寺の墓地である谷中墓地にあります。

IMG_0180 B

IMG_0188 B

慶喜は華族の最高位である「公爵」を与えてくれた明治天皇に感謝の意を表すため、自分の葬儀を仏式でなく神式で行うよう遺言を残し、一般皇族と同じような円墳が建てられました。

中に入ることはできませんが、門越しに見ることはできます。

IMG_0183 B

正面には徳川慶喜公事蹟顕彰碑があります。

IMG_0182 B

その奥の左側が徳川慶喜の墓で、右にあるのが美賀子夫人の墓です。

慶喜の墓

IMG_0185 B

美賀子夫人の墓

IMG_0184 B

IMG_0181 B

徳川慶喜墓

徳川慶喜(1837〜1913)は、水戸藩主徳川斉昭の第七子で、はじめは一橋徳川家を継いで、後見職として将軍家茂を補佐しました。慶応二年(1866)、第一五代将軍職を継ぎましたが、翌年、大政を奉還し慶応四年(1868)正月に鳥羽伏見の戦いを起こして敗れ、江戸城を明け渡しました。復活することはなく、慶喜は江戸幕府のみならず、武家政権最後の征夷大将軍となりました。
 駿府に隠棲し、余生を過ごしますが、明治31年(1898)には大政奉還以来30年ぶりに明治天皇に謁見しています。
明治35年(1902)には公爵を受爵。徳川宗家とは別に「徳川慶喜家」の創設を許され、貴族院議員にも就任しています。大正2年(1913)11月22日に77歳で没しました。
 お墓は、間口3.6m、奥行き4.9mの切石土留を囲らした土壇の中央奥に径1.7m、高さ0.72mの玉石畳の基壇を築き、その上は葺石円墳状を成しています。(東京都教育委員会)


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m
| 東京 | 10:08 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP
徳川慶喜終焉の地

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

西郷どんの最終回に、久しぶりにヒー様こと徳川慶喜が登場しましたね。

描いていたのは、何と「牛男」の絵という面白い場面でした(^^ゞ

その慶喜の終焉の地を数年前に訪ねました。

晩年の有爵者大礼服を着た慶喜
Yoshinobu_Tokugawa_2.jpg

東京都文京区春日2丁目の、国際仏教学大学院大学の前に、「徳川慶喜終焉の地」の案内板が立っています。

IMG_0303 B

IMG_0302 B

IMG_0304 B

徳川慶喜終焉の地  春日2-8
 
徳川幕府最後の将軍慶喜は、水戸藩主斉昭の七男として、天保8年(1837)小石川の上屋敷(現小石川後楽園一帯)で生まれた。
その後、御三家の一橋家を相続した。ついで、幕末の動乱のさなか、長州攻めの陣中で没した第十四代将軍家茂のあとを継ぎ、慶応2年(1866)第十五代将軍となった。
翌、慶応3年大政奉還し、鳥羽伏見の戦いの後、天皇に対し恭順の意を表して水戸で謹慎、明治維新後、駿府(静岡)に隠棲した。明治30年(1897)東京の巣鴨、さらに明治34年誕生の地である旧水戸屋敷に近いこの地に移った。
慶喜は、後に公爵、勲一等旭日大勲章を授けられ、大正2年(1913)11月22日、急性肺炎のためこの地で没した。享年76歳。寛永寺墓地に葬られた。

 
文京区教育委員会 平成19年3月

文京区コミュニティバス「Bーぐる」を使うと便利です。

http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_kumin_jigyou_b-guru.html


徳川慶喜の余生
明治2年(1869年)9月、戊辰戦争の終結を受けて謹慎を解除され、引き続き、駿府改め静岡に居住した。生存中に将軍職を退いたのは11代・家斉以来であるが、過去に大御所として政治権力を握った元将軍たちとは違い、政治的野心は全く持たず、潤沢な隠居手当を元手に写真・狩猟・投網・囲碁・謡曲など趣味に没頭する生活を送り、「ケイキ様」と呼ばれて静岡の人々から親しまれた。一方で、旧幕臣の訪問を受けても渋沢栄一など一部の例外を除いては、ほとんど会おうとしなかった。共に静岡に移り住んだ旧家臣たちの困窮にも無関心で、「貴人情を知らず」と怨嗟の声も少なくなかった。
明治30年(1897年)11月に東京の巣鴨に移り住む。翌年には有栖川宮威仁親王の仲介により、皇居となった旧江戸城に参内して明治天皇に拝謁もしている。
明治34年(1901年)12月に小石川区小日向第六天町(現在の文京区春日2丁目)の高台の屋敷に転居し、ここが終焉の地となった。現在、敷地の大半は国際仏教学大学院大学になっている。明治35年(1902年)には公爵に叙せられ、徳川宗家とは別に徳川慶喜家を興し、貴族院議員にも就いて、35年振りに政治に携わることになった。
明治43年(1910年)12月8日、七男の慶久に家督を譲って貴族院議員を辞し、隠居。再び趣味に没頭する生活をおくる。
大正2年(1913年)11月22日、感冒(急性肺炎を併発した)にて死去。享年77(満76歳25日)。徳川歴代将軍としては最長命であった。 (Wikipediaより)


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m
| 東京 | 08:37 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP