大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」の舞台を訪ねて 

大河ドラマゆかりの地の史跡、番組の感想、関連番組を紹介しています。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
織田信長が足利義昭を迎えた立政寺 正法軒跡

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

JR東海道線の西岐阜駅から徒歩5分ほどのところにある立政寺は、東海地方の中世浄土宗の一大中心地として栄えました。

IMG_9458 立政寺

IMG_9455 立政寺

1891年(明治24年)の濃尾地震で被災したため、現在の本堂は近代的な建物です。

本堂
IMG_9459 立政寺

法然上人像
IMG_9460 法然上人像

立政寺は、明智光秀と細川藤孝の仲介により、織田信長が足利義昭を迎えた歴史上の重要な舞台にもなった寺です。

永禄11年(1568年)7月、信長は越前国の朝倉義景のもとに身を寄せていた足利義昭を上洛させるために、和田惟政に村井貞勝や不破光治・島田秀満らを付けて越前国に派遣。
義昭は同月13日に一乗谷を出て美濃国に向かい、25日に岐阜城下の立政寺にて信長と会見しました。

境内の一角に正法軒跡の碑があります。

IMG_9470 立政寺

正法軒跡
IMG_9470 正法軒跡

正法軒は、足利義昭の御座所が置かれていた塔頭でした。

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

| 岐阜 | 06:47 | comments(0) | - |- pookmark↑PAGE TOP
足利将軍菩提寺の等持院(2)霊光殿

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

等持院の方丈の隣に立つ霊光殿には、足利尊氏が念持仏として信仰された利運地蔵尊(伝弘法大師作)を本尊として、達磨大師と夢窓国師とを左右に、足利歴代の将軍像(5代義量と14代義栄の像を除く)が、徳川家康の像と共に両側に安置されています。

IMG_2373 等持院

足利歴代の将軍像の中には、室町幕府13代将軍・足利義輝の木像もあります。

霊光殿の足利義輝の木像
Ashikaga_yoshiteru.jpg画像(Wikipediaより)

国立歴史民俗博物館蔵の足利義輝像 
800px-Ashikaga_Yoshiteru.jpg画像(Wikipediaより)

室町幕府 13代将軍 (在職 1546〜65) 。義晴の子。母は近衛尚通の娘。幼名は菊童。初名は義藤。天文 23 (1554) 年2月 12日義輝と改名。同 15年正五位下左馬頭となり,日ならずして父義晴の譲りを受けて征夷大将軍となり,従四位下に進み,翌年2月 17日参議左中将。この年,細川晴元と畠山政国の争いに,畠山にくみしたため,細川勢に洛北の北白川城を攻められ,父とともに近江坂本へ逃れた。のち晴元と和し,同 17年6月帰洛した。しかし翌 18年晴元が家臣三好長慶と摂津に戦って敗れたため,義晴父子は晴元とともに再び坂本へ移った。同 19年5月4日義晴が病没したので,義輝が家督を継いだ。同 20年三好氏の近江進攻により,坂本からさらに北の山中の高島郡朽木に移ったが,同 21年には三好氏との和約ができ,晴元は堅田から出奔し,義輝は京都に帰った。翌 22年7月長慶の京都侵入により,山城杉坂から近江竜華に逃れ,京都は長慶の制圧するところとなり,義輝の動静は不明となる。永禄1 (58) 年朽木から竜華に出てきた義輝,晴元主従は,近江の六角義賢の助けを得て坂本に陣を移し,西進して三好軍と京都攻防戦を重ねたが,11月和議が成立して入洛した。永禄7 (64) 年7月長慶が没すると,翌年その後嗣義継と,専権をふるっていた義継の臣松永久秀に京亭を急襲され,義輝は自殺した。( ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より)
※義輝の最期については諸説あり

家康の像は、42才の厄除けの霊験を受けたもので、石清水八幡宮豊蔵坊にありましたが、廃仏毀釈後に等持院に移されました。

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

| 京都 | 10:51 | comments(0) | - |- pookmark↑PAGE TOP
足利将軍菩提寺の等持院(1)

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

2016年の秋、京都の等持院を訪ねました。

等持院は、暦応4年(1341年)、足利尊氏が、等持寺の別院として夢窓国師を開山とし、衣笠山の南麗に創建された臨済宗の寺です。

IMG_2355 等持院

尊氏の死後、尊氏・義詮将軍当時の幕府の地にあった等持寺もこちらに移されて、足利将軍家歴代の菩提所となり、等持院と改めました。

IMG_2354 等持院

その後、応仁の乱で柳馬場の本寺が焼失したため、別院だった現在の等持院が本寺になりました。

IMG_2357 等持院

方丈(本堂)
IMG_2368 等持院

現在の方丈(本堂)は、元和二年(1616年)福島正則が妙心寺塔頭海福院に建立し、文政元年(1818年)等持院に移築された古建築。

IMG_2363 等持院

方丈の襖絵は狩野興以の作で、明治維新当時一部損壊。

さらに、映画の撮影所が等持院境内にでき、方丈がロケに使用されたためにかなり破損してしまいましたが、今日修復され、年一回の寺宝展で公開されています。

祖師像
IMG_2361 等持院

天龍寺派 元管長 関牧翁老師筆

IMG_2364 等持院


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

| 京都 | 11:26 | comments(4) | - |- pookmark↑PAGE TOP
桶狭間の戦い(3)桶狭間古戦場跡(緑区)織田信長&今川義元のブロンズ像

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

今川義元公 馬繋ぎの「ねずの木」
17 7db93b58422a83afd4c11b6239d9dbd7

9 201702272041372a1

ここにある枯れたねずの木は、着陣した今川義元が田楽坪の泉で水を飲むために馬をつないだ木と言い伝えられ、田の中にねず塚として残されてきました。この木に触れると熱病にかかるとの言い伝えもあります。(駒札より)

駿公墓碣(すんこうぼけつ)
16 3f75b1f5387fd8cad866000116fcdd0b

田楽坪のねず塚から出土した「駿公墓碣」と刻まれた墓碑。
「駿公墓碣」の「駿」とは、すぐれた又は秀でたの意味し、駿公とは駿河の国のすぐれたりっぱな人との意味。
墓碣とは頭部が丸い形状をした墓石で、方形をした物は墓碑と言います。

この墓石は田楽坪の「ねず塚」に埋められていました。昭和28年(1952年)に偶然発見され知られることろとなりました。
造られた年月は不明です。当時の村人が敗軍の将を弔うことをはばかり墓石を埋めてひっそり供養したものと思われます。
(駒札より)

18 782cef18e6c7e453159e07270cde574a

「近世の曙」ブロンズ像
19 fab1e3eadefa796e8305dcbd85cc14ac

織田信長
20 2f1c3930860a906cf7c80e0392816b03

今川義元
21 d3c58415bcbb13bb013d02e0f10af4a3

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

| 愛知 | 21:55 | comments(0) | - |- pookmark↑PAGE TOP
桶狭間の戦い(2)桶狭間古戦場跡(緑区)今川義元首洗いの泉〜義元の墓

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

桶狭間古戦場跡は、名古屋市緑区桶狭間北3丁目にある史跡です。

この一帯は、桶狭間の戦いの中心地であり、おけはざま山の本陣から追われた今川義元が、服部小平太と毛利新介によって打ち取られた最期の地といわれ、地元では、田楽坪とも呼ばれています。

1 38c7e567c8e7786dee297f3c874acb97

現在は合戦当時の地形、城、砦などをジオラマ化し、中央には織田信長と今川義元の銅像を配した桶狭間古戦場公園として、合戦から450年目の2010年に整備されました。

2 4099333b4b0aafa266ccc81b063f3626

3 709eeecd81eb546d899a7f18673d230a

桶狭間古戦場跡
永禄三年(一五六〇)五月十九日、織田信長二七歳のとき、わずか三千余の手勢を率いて折からの風雨に乗じ、二万五千余の今川勢の本陣を急襲し、義元を倒した。
信長が天下統一の第一歩を踏み出した、有名な桶狭間の戦いの主戦場はこの附近一帯である。 (駒札より)

4 20170227203750844

桶狭間古戦場の碑(この碑の画像はWikipediaよりお借りしました)

5 20170227202235553

昭和時代初期に鞍流瀬川の川底から引き上げられた石碑

桶狭間古戦場田楽坪の碑
6 20170227203752114

この碑は桶狭間合戦の折、今川軍の先陣松井左衛門 佐宗信(遠州二俣城主)子孫である松井石根氏が 昭和8年5月に桶狭間古戦場跡を訪ねられた折、揮毫 されたものであり、同年8月、郷土史家梶尾馬子作氏 により建碑されたものである。
文 桶狭間古戦場保存会 (駒札より)

約4万5千を率いる今川義元は午前8時頃沓掛城を出発し、正午北西に向かって人数を備え、おけはざま山にて、今朝攻め落とした鷲津・丸根両砦の報告を聞きながら休息をとりました。信長は善照寺砦に到着、敵情の報告を受けた後、佐々・千秋の隊3百に、巻山・幕山・高根山に着陣した今川軍本隊の主力、松井・井伊の大軍の中央部に攻撃を命じ、自らは中島砦に移動、次いで前田(利家)、毛利等の精鋭隊に、前線での撹乱戦を命じました。これら先遣隊は、今川軍の兵力分散と、西の山中に誘い込むための決死隊であったと思われます。
この時、織田信長は「運は天にあり、敵が懸からば引け、退けば押せ、個々の巧名争いを避け、常に組織的に行動せよ」と訓示を行い、先遣隊が必死の戦いを挑んで、敵の目を引き付けている間に、兵2千を率いて疾風の如く駆け抜けて桶狭間の北の山麓に駒を進めました。
その頃、一天伐かに掻き曇り雷を伴った大風雨の中、山を越え狭間を抜けて、今川軍の本陣に迫りました。(桶狭間古戦場保存会HPより)

7 df74cff4d448ade5f1bcb994f7ac331e

8 3a808970914a68afe54c9780373692c6

9 8aa9d9026e044b72c1aa73acad283ad7

義元首洗いの泉
10 20170227203935d6b

織田軍に攻められ討ち死にした今川義元公の首級(しるし)をこの泉で洗い清めたと言われています。昭和六十一年(一九八六)の区画整理まで清水が豊富に湧き出ていました。
ここは近崎道(ちかさきみち)と三河道(みかわみち)との合流点で鳴海方面に通じる要所でした。湧き出る水の勢いで水汲み用の桶がくるくる廻っている様子に興味を誘われた旅人が、桶が廻る間の一服とて「桶廻間(おけはざま)」と呼ぶようになったとの言い伝えもあります。江戸時代の文書の殆どは「桶廻間」でしたが、明治十年(一八七七)の郡町村制の制定以降、現在の「桶狭間」となりました。(駒札より)

11 2c6ee3f9843ba5cbb83dd08e5dd2b356

義元水汲みの泉とも言われ、泉の中にくるくる回る桶があったので、桶廻る狭間が桶廻間、桶狭間となったとも言われています。 

12 08bb38da60781fea2c39cd37df64f9f1

今川義元の墓
7 20170227203939c2c

8 201702272041369e2

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

| 岐阜 | 10:33 | comments(0) | - |- pookmark↑PAGE TOP
桶狭間の戦い(1)桶狭間古戦場伝説地

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

桶狭間の戦い」といえば、誰もが知る永禄3年(1560)の織田信長今川義元の戦いですね。
しかし、合戦の実態については不確かなことも多く、さまざまな議論を呼んでいます。

豊明市と名古屋市緑区の「本家争い」は、今川義元戦死の地が大脇村(屋形はさま)に属していたか桶廻間村(田楽坪)に属していたかについて、後年のそれぞれの所属自治体(愛知郡豊明村→同郡豊明町→豊明市、知多郡有松町→名古屋市緑区)が自らの行政区域に属すると主張しあうことで、繰り広げられてきたものである。義元敗死の地をもって古戦場と見なす考えかたから、屋形はさまと田楽坪は、現在それぞれ「桶狭間古戦場伝説地」・「桶狭間古戦場跡(桶狭間古戦場公園)」として、それぞれの自治体から史跡の扱いを受けている。
昭和時代の初めに「桶狭間古戦場の碑」が鞍流瀬川の底から引き上げられ、この頃より有松町の田楽坪を今川義元戦死の地とする主張が本格的になったとみられることから、「本家争い」が表面化したのは昭和時代以降の、比較的近年であるともいえる。(Wikipedia)

数年前、この二つの「桶狭間古戦場伝説地」「桶狭間古戦場跡古戦場」を訪ねて来ました。
まずは、桶狭間古戦場伝説地を紹介します。

桶狭間古戦場伝説地は豊明にあり、国の史跡に指定されています。

1 926aad0e4047cd85eeda61f01a6dd276

桶狭間の戦いの際に今川義元が敗死した推定地のひとつとして「屋形はさま」の名で古くから知られています。

2 3a892f1d833529a7a3a086bed3c05ed0

桶狭間の戦い

今川義元は、約2万5000人の軍勢を率いて永禄3年(1560年)5月12日に駿府(静岡)を出発した。17日に岡崎へ、18日には沓掛城に入り、尾張大攻撃の準備をした。
織田信長は、5月19日未明清洲城出陣に際し、幸若舞の敦盛を舞い、馬上の人となった。清洲を出るときは、主従わずかに6騎、途中輪乗りをかけて人数を待ち、熱田神宮に戦勝祈願をした頃は、1000人余りとなり、合戦のときには軍勢3000人ほどになった。
今川軍は、難なく丸根・鷲津を攻め落とし、本陣は桶狭間の松林に休憩して、戦況を聞きつつ昼食をとっていた。その折、天候が急変して夕立となり、狼狽する義元勢をめがけ、太子ヶ根に待機していた信長は一挙に本陣めがけて切り込んだ。信長の家臣服部小平太が、槍で義元を刺し、毛利新助が後ろから組み付いて首を取った。(豊明市HPより)

七石表
3 201702151432344d2

今川義元の戦死した場所を示す最も古いもの。

今川治部大輔義元墓
4 2017021514323756b

4 caac1c07048a6817fc0474fe132813a5

明治9年に建てられたものです。

今川義元仏式の墓
6 f32d143cbe4164e04aaf31ae2883ff37

万延元年に建てられたもの。方形の石柱に笠と蓮花弁を模した台座がつく墓塔型式であり、そのため「仏式の墓」と呼ばれています。

桶狭弔古碑
5 20170215143314101

古戦場が放置され荒れ果てていくのを嘆き、その由来を明らかにするとの趣旨が、裏面の碑陰記に記されています。

8 8ed2ab00febe4e9682ad77e127cdb81a

9 cc8d7ebf454bb08340a9230d89bdedab

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

| 愛知 | 13:52 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP
斎藤道三の菩提寺・常在寺

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

岐阜市梶川町の常在寺は、京都妙覚寺の末寺で、斎藤道三と父・長井新左衛門尉が二代にわたり美濃国を制する拠点とした寺です。

IMG_9521 常在寺

室町時代の宝徳2年(1450年)美濃国守護代斎藤宗円の子で、土岐家守護代として当時事実上美濃を支配していた斎藤妙椿(みょうちん)が、妙覚寺から世尊院日範を招き建立。

戦国時代に入ると、斎藤道三が、妙覚寺の僧だった父・長井新左衛門尉の美濃国に築いた地位を基盤として、美濃国主となり、この寺に寺領を与え発展させました。

道三以後三代の菩提寺となっています。

IMG_9523 常在寺

IMG_9525 常在寺

IMG_9520 常在寺

IMG_9522 常在寺

斎藤道三公供養碑
IMG_9524 斎藤道三公供養碑

斎藤家五輪塔
IMG_9526 斎藤家五輪塔

斎藤道三肖像画と斎藤義龍肖像画は、重要文化財に指定されています。

毎年4月の第一土曜日の「道三まつり」の際、「斎藤道三公追悼式」が営まれ、まつりの2日間は無料開放されるそうです。

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

| 岐阜 | 13:57 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP
土岐高山城を訪ねて(2)土岐高山城 三の曲輪

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

穴弘法から山道を上り、土岐高山城跡に到着。

IMG_1376 高山城跡

「高山」といっても、飛騨高山ではなく、土岐市にある高山城です。

IMG_1375 高山城跡

土岐市の一族・高山伊賀守の居城であった高山城。

戦国時代には、平井頼母が城主となり、織田信長、武田信玄、勝頼との領土争いの境界線上にあり、激戦が繰り広げられました。

当時は、三つの曲輪によって成り立っていたとされています。

三の曲輪跡
IMG_1392 高山城跡

ここからの眺め
IMG_1390 高山城跡

IMG_1391 高山城跡

IMG_1393 高山城跡

立地 高山城は土岐川の氾濫原を見下ろす標高183mの細い丘陵地に立地しています。麓からの比高差はおよそ57mで、通称サバといわれる砂岩層の断崖状に築かれています。 

構造 現在は水道貯水池が築かれており、当時の構造を知ることはできませんが、三つの曲輪によって構成されていたといわれ、北端や南端に曲輪の名残を留めています。

歴史  高山城の築城については諸説があり判然としませんが、高山伊賀守光俊、平井宮内小輔光行らが城主であったと伝えられています。 
 天正2年(1574)光行の子平井頼母光村が城主の時、甲斐の武田勝頼の東美濃攻めによって攻略され、その後、慶長5年(1600)関ヶ原の戦いの際に、東軍妻木勢によって攻められ落城したといわれています。

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

| 岐阜 | 10:48 | comments(0) | - |- pookmark↑PAGE TOP
土岐高山城跡を訪ねて(1)穴弘法

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

岐阜県土岐市の明智光秀ゆかりの土岐高山城跡を訪ねて来ました。

降り立ったのは、JR土岐市駅。

IMG_1400 土岐市駅

ここから土岐津橋を越えて、徒歩で約20分。

IMG_1399 土岐

高山城跡周辺図の案内板がありました。

IMG_1358 高山城跡

高山城跡に通じる遊歩道を歩いて行きます。

IMG_1359 高山城跡

誰もいません(-_-;)

IMG_1360 高山城跡

高山城に行く途中、「古城山稲荷」の赤い鳥居が見えてきました。

IMG_1362 古城山稲荷

この先には、山の岩肌に穴を掘り、石仏を祀っている「穴弘法」があります。

IMG_1364 穴弘法

戦国時代にこの地で命を落とした人々の霊を弔うため、元禄元年に開創された「慈善院梵燈寺」の跡で、104体の石仏が安置されているそうです。

IMG_1366 穴弘法

IMG_1367 穴弘法

IMG_1368 穴弘法

IMG_1369 穴弘法

IMG_1370 穴弘法

中央には、細い滝も見えます。

IMG_1372 穴弘法

IMG_1371 穴弘法

IMG_1373 穴弘法

IMG_1363 穴弘法

   穴弘法 慈光院梵燈寺跡 
         古城山遍照閣跡
 穴弘法は戦国時代にこの地で命を落とした人々の霊を弔うため元禄元年に開創された「慈光院梵燈寺」の跡です。
 梵燈寺は二代の住職が続いたのち廃寺となり、その後荒れていましたが明治時代に地元の人々の力で「古城山遍照閣」として再興され、弘法様として信仰を集め今日に至っています。
 岩肌に穴を掘り石仏を納める様式は鎌倉時代の「やぐら」に類似し、古くは高山城の武将の墳墓が存在したと推定されます。
       高山城高山宿史跡保存会


またもやここまで人影なし(^^;

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

| 岐阜 | 12:24 | comments(0) | - |- pookmark↑PAGE TOP
瑞浪市の一日市場八幡神社(2) 明智光秀の像

JUGEMテーマ:大河ドラマ

 

この辺りは、古くは高野と呼ばれた地で、美濃源氏・土岐一族発祥の地とされています。

IMG_1351 一日市場八幡神社

IMG_1352 一日市場八幡神社

境内には土岐氏の一族であったとされる「明智光秀の像」があります。

IMG_1353 一日市場八幡神社

IMG_1354 一日市場八幡神社

IMG_1355 一日市場八幡神社

私が訪ねた昨年の7月の時点ではまだありませんでしたが、その後、瑞浪市の郷土史研究団体「美濃源氏フォーラム」が、
土岐光衡のブロンズ像を設置したそうです。

またもやフライングしてしまいました(;・∀・)

 

 

 

 


お城・史跡 ブログランキングへ

応援のクリックお願いします。m(__)m

| 岐阜 | 22:19 | comments(2) | - |- pookmark↑PAGE TOP